平成永世まんだら  

日々のつぼ

銀座一丁目で胃腸が喜んだ...って駄洒落かよ

30代中盤を過ぎたあたりから、誕生日といってもあまり大きな声で、
人に言えるようなものではなくなりましたが、
昨日、ついに”不惑+1”という大変な年齢になってしまいました。
(数字で書く勇気が無い。)

とはいうものの、幾つになっても人に祝ってもらうというのは嬉しいもので、私ごとでなんですが、
昨夜かみさんに銀座一丁目の韓国料理屋 清香園に連れて行ってもらいました。

ここはチゲが有名で、以前から行きたかったのですが、
我々にとっては普段行けるような値段のお店ではありません。
まあそこは記念日という事で、待望の晩餐となったわけです。

最初に胃を暖めるためのお粥が出てきました。
これからして美味かった。量はほんの少しなのですが、
空腹の胃が落ちつき、食欲が増しくる気がします。

でもって後は定番のキムチ、ナムル、焼肉!
さすが、値段だけの事はあって一品一品が美味しくて、
舌で十分味わいながら、食していきました。
最後に豆腐チゲを注文したのですが、さすが評判の高い一品。
奥の深い味わいで、今まで食べた事の無い旨味がありました。
かみさんが、納豆にのようなものが入っていると言ってましたが、
何なんでしょうかねぇ?その辺りが美味さの鍵か?
最後の最後に注文した海鮮チジミは美味しかったのですが、
食べ過ぎで胃が爆発しそうでした。
まあ誕生日には美味いものを苦しくなるまで食べる。
これ、基本ですよね。

帰りに『キル フェ ボン 銀座』の冬メニュー、モンブランのタルトを購入。家に帰って食しました。
甘すぎないマロンクリームが、口の中でジングルベルを奏で、別腹へと降下していきました。

大満足。ごちそうさまでした。

chige

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/97-a77c6477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad