平成永世まんだら  

日々のつぼ

思えば長~いこと日常にとりこまれているメソッド

先週からちょっとジャズづいてたわけですが、
そんな流れからか菊池成孔+大谷能生著の

『憂鬱と官能を教えた学校ーバークリーメソッドによって俯瞰される20世紀商業音楽史』
 上巻ー調律、調整および旋律、和声  下巻ー旋律、和声および律動

を読んでおります。

これどんな本かっていうと、
ポピュラーミュージックの理論(かなり実学的)とその歴史、
作者による今後の展望などを、
2002年に芸術系の学校で数回にわたって講義した内容をまとめたものでそうです。
(バークリー音楽大学に関してはこちらでどうぞ。)

これが結構面白い。

ぼくが上京して音楽学校で学んだセオリーというのは、
やはりバークリーメソッドで、(確か講師もバークリーの出身だった気が)
(っていうか現在定着しているポピュラーミュージックのセオリーのベースはこれ)

生徒の皆さんの中にも、
ベーシックな理論から、
ちょっとつっこんだ曲のライティングの授業などで僕が説明するので、
ああ、あれねと思われる方も多いはずです。
(ダイアトニックだぁ、ドミナントだぁ、同主調からの借用だぁ、
イオニアンだぁドリアンだぁこしあんだぁ粒あんだぁ???なんだぁかんだだぁというあれ。)

でもってこの本の実学的な部分を読んでいると、
おおこんな教え方もあるのかぁとか、
この部分が抜け落ちてたなぁとか、
結構目からウロコなのです。
歴史部分は知らなかった事が多く、
興奮しておおおお~と叫んでおります。

この菊池成孔氏、
名前は知っているけどという程度だったのですが、
年齢もぼくとほぼ同じであったり、
嫌味のないスノッブさが面白かったり、
格闘技も好きという事で
ちょっと気にしてみようかと。

ちなみにこの本は誰が読んでも楽しいかというとおそらくそういう事はなくて、
実学部分は興味がある人でないときついかと。。音が実際出るわけでもないしね。。
でそんなこんなでネット検索してたら、
なんとスカパーでこのタイトルで講座が放送されている事が判明!(いたのかな?)
ネットに出ていたのでここに添付でございます。
語りもおもろいよ。

IMG_4889.jpg
スポンサーサイト

コメント

菊池さんの名前はわたしもよく見かけますが、まだ、はっきり認識できてないです。
某ライブハウスのライブ情報などでもみかけたけど…どんな感じの音楽されるんでしょう。
NHKの番組などで音楽担当されてのとかありますよね。

  • 2012/03/26(月) 22:39:56 |
  • URL |
  • megumi #JO7XC68s
  • [ 編集]

ジャズをベースに映像等の音楽も手がけられているようです。
ネットで観るとマイルス的なバンドも。
そして同時に文筆業も。

  • 2012/03/27(火) 08:43:07 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

フジテレビNEXTでやっていたのですね。
動画見ましたよ。(まだ最初の20分だけですが)面白いですね。再放送とかやらないかなぁ~

  • 2012/03/30(金) 09:35:58 |
  • URL |
  • megumi #JO7XC68s
  • [ 編集]

megumiさん

チェックしたところ第6回目まではDailymotionにアップされているようです。
再放送してほしいですねってうちはフジテレビNEXT映りませんが。。。

  • 2012/03/30(金) 18:26:33 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/650-d75176dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad