平成永世まんだら  

日々のつぼ

不定期便 永世まんだら読書レビュー

随分涼しくなってきましたねぇ。
いやあうれしいうれしい。
脳が動くようになり、(?)
今日は楽譜解析(?)やなんやら、
秋冬に向けての準備をしておりました。

で、その事を事細かく述べるかと言うとそんなんはしません。

はいはい皆さん、
秋は読書ですよ読書。
というわけで最近読んだ凄い本を紹介致しましょう。

まずは、

『船に乗れ』(ⅠⅡⅢと3巻です。)藤谷治著 ポプラ文庫

これかみさんが買ってきた本を、
こっそり押入れに隠れて読んだのですが、(押入れはウソです。)

これがもう止まらない、

ぼくと同年代の作者の半自伝的小説で、
音楽学校に通う高校生が主人公、(屈折度は高し)
音楽的な部分の掘り下げ方も深~く、
どう生きていくべきかという哲学的考察にもんもんとし、
でもって硬い本かというと、
恋愛模様にこちらは一喜一憂という、
エンターテイメント性もすこぶる高い一冊。

個人的に大事な本になりました。

本読みのあなたなら堪らない事請け合いの1冊。

でもって次は

『九月が永遠に続けば』沼田まほかる著 新潮文庫
『猫鳴り』沼田まほかる著 双葉文庫


この著者、
前者がデビュー作にしてホラーサスペンス大賞を受賞、
お年が56歳、
経歴も僧侶とか会社経営とか只者ではない感じです。

まあとにかくなによりも、

文章が素晴らしいです。

文字がぐいぐい心をひっぱていきます。
それぞれの登場人物の抱える闇の深さに時に悶絶、
文章にぐりぐりえぐられかなりつらいのだけど、
やめれらません。

とにかく凄いです。

つづけて、

『猫鳴り』

を本日午前中に一気読了。
(一気に読む本ではなかったかな。。。)
これはミステリーというより普通小説。
相変わらず人の闇の部分をさらけ出し、
冒頭から思わず目をそむけたくなるのですが、

最後。。。。。

泣きました。。。。
(読了後しばらく止まらないという稀な経験をしました。
周りに誰も居なくてよかった。。。)

沼田まほかるの作品、
本読みのあなたに絶対おすすめです。

IMG_3882.jpg

スポンサーサイト

コメント

涼しくなって本当に体が楽になりましたね。
でも、油断すると風邪ひきます。昨日はノドの調子が良くなかったです。
音楽学校ものといえば「いつもポケットにショパン」でしょう。。。漫画ですけど
大きな声では言えませんが、あまりに好きすぎて、登場人物の名前を子どもにつけてしまった(苦笑)

  • 2011/09/26(月) 20:18:17 |
  • URL |
  • megumi #JO7XC68s
  • [ 編集]

megumiさん
実は僕も咳が少し出たりしてます。
気をつけなきゃ。

そんな漫画あったんですね。
機会があれば読んでみたいです。
是非”船に乗れ”も。傑作ですよ。

  • 2011/09/27(火) 06:45:51 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

私も『船に乗れ』読みましたよ~
少し、え~!って疑問に思う件はありましたが・・・
でも感動しました!

  • 2011/09/28(水) 11:24:23 |
  • URL |
  • かわ #-
  • [ 編集]

かわちゃん
下北にある藤谷氏の経営する本屋さんに足を運びましたが、
closeでまだお会い出来ていません。
この件、またご報告します。

  • 2011/09/29(木) 08:15:07 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/614-da66903f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad