平成永世まんだら  

日々のつぼ

愛蘭土音楽事情!マニアック?で御免!

『OUT OF IRELAND』というDVDを見た。
この作品、1950年代から最近までのアイルランドのポピュラー音楽の流れを辿るというもの。

これが凄い!もうマニアックで申しわけないけど凄い!

なにが画期的かといって、50年代からのショーバンドに始まりフォークリバイバル、
トラッドの台頭から最近のトラッド事情と(プランクシティーの映像初めて見た!)
ヴァン・モリソン~からロリーギャラガー、フィル・リノット~U2、
ポーグスか
ら最新バンドが時系列に同時に辿られていくところ。
それぞれが単独ではなく、微妙に絡んで影響しあっているところが面白い。

インタビューもヴァン・モリソン、ボブ・ゲルドフ、ボノと共に、
ポール・ブレイディー!やドーナルラニー!!まで!
アイルランドの音楽自体の変遷から、ミュージックビジネスの変遷、またそれらを通して、
人々のメンタリティーの移り変わりまでが解きほぐされていく。

僕の中での目玉は動くクリスティン・ムーアであった。
やっぱ凄いよこの人。ポール・ブレイディーとこの人は別格だ。
音楽性、歌詞、歌唱、説得力が違う。
日本に来ないかなぁ?
こねぇだろうなぁ....。
http://japan.jpdigicam.com/ASWrapper/DVD/B0009H9XT8.html

スポンサーサイト

テーマ:音楽ニュース全般 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/54-0c5901cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad