平成永世まんだら  

日々のつぼ

愛蘭土慕情その弐(TSUTAYA篇???)

昔見て感動した映画を久しぶりに見ると、
自分はこんなところに心躍らせていたのかとか、
意外と脚本が甘いなあとか、色々な意味で自分が”年をとった事”(なんか嫌な言葉)
を実感させられるものであります。

で、先日、渋谷のTSUTAYAで発掘された映画『Hear my song』
(10年ほど前に見て感動した)を、今週末見ました。その結果は....。

ちょっと展開がバタバタしていたいり、
脚本のつめが甘く感じたりする部分もありましたが、
間違いなく僕にとってこれは、

”愛すべき映画”でした。

ストーリに関しては再び淀川先生に登場頂くとして.....。
(これ殆どネタばれなので注意)
http://www.sankei.co.jp/mov/yodogawa/92/921110ydg.html

前回見た時と何よりも違っていたことは、
映画中盤の舞台となるアイルランドをこの”まなこ”で見ているという事でした。
当時、この何も無いのに(何もないから)美しい風景を画面で見て、
アイルランドへの憧れを強くしたものです。

で、今回は特に、”モハーの断崖”が出てきたシーンで吃驚!

「お~~っ!見たで、見たでぇ、これ見たでぇ~」(関西人ではないが....。)

と、かみさんと大興奮!
今年の6月にまさにその場所を訪れていたからです。

ire
(ここはかなり恐~いよ。中央上の塔に注目。映画では重要なシーンに使われてました。)

わかるかなぁこの感じ。
年をとったのではなくて、年を重ねたのだなぁという想い。
感無量の一本でした。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/52-e9949038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad