平成永世まんだら  

日々のつぼ

寅の年13日に永世的エンタメ情報だっ

2010も数えて13日、
この新しい"寅の顔”にも少し慣れてきた今日この頃、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

わたくしの場合、なんだかんだバタバタしておりまして、
全く落ちつかず、ブログも遅れがちになってしまいました...

で、今日は年の初めに楽しんだエンターテイメントを幾つか。

まずは昨年11月に発売されいた事を迂闊にも知らなかった、

カーネーションの新譜、『Velvet Velvet』。

はいはいカーネーション、ご存知無い方が多いかと思われるのですが、
僕より少しお兄さんの二人組み。(二人になってしまったという感じ。)
僕が日本で好きなロックバンドの一つです。

このバンド活動歴は長いのですが、
そのアルバムに外れなし!
曲ごとの密度も凄~く高いのです。
多様な音楽性を持ち、
メロディーもかなりポップなのですが、
ロックの背骨がまっすぐ伸びているという..

聴くたびに発見もあり、
私的ヘビーローテーション中であります。

で、読書コーナー
今年一冊目は、

佐々木譲の『警官の血』上下

この人の作品、以前第二次世界大戦前後の話を好きで読んでいました。
最近は警察物が多く、
『警官の血』は"このミス”で1位になったりして、
評判も高く実際それに違わぬ面白さでした。
3代に渡る警官家族の話、時として淡々と話は進むのですが、
その抑えたトーンがストーリーに真実味を加え、
ぐいぐいと引き込まれ一気読みでした。

映画では年末に見た、

『アバター』

これは見られた方多いと思いますが、
まだという方、

是非映画館で3Dで!

家でDVDで見たとか言われても、
あの驚きをシェアー出来ません。
ストーリーはなんて事ないのですが、
その映像はちょっとヤバイです。
(ただちょっと気をつけて下さい。
酔ってしまい、30分で映画館を出たという人も居ます。)

未だ嘗て見た事の無い物を見せられるという

これから増えるんでしょうね3D映画。
しかしまだこれからという時期に、
『アバター』などという超怒級の作品が出てしまうと、
後に続く映画人達は大変ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/480-9de8f966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad