平成永世まんだら  

日々のつぼ

尾道三部作、新三部作制覇の途上で

北斎という予想外の登場人物に『さびしんぼう』の影が薄くなっているかと言えば、
そんな事はありません。

とにかく大林宣彦の尾道三部作と新三部作を旅行前に制覇するという、
目標をかみさんと立て、すでに新三部作の一作目『ふたり』まで到達しています。
我等だけ楽しむのもなんですので、簡単な報告を。


尾道三部作
『転校生』ー★★★★
『時をかける少女』ー
『さびしんぼう』ー★★★★★

”転校生”、”とさびしんぼう”はやはり傑作だと思います。
”さびしんぼう”の前半のコメディー部分は”?”と感じる部分もありますが、
監督の尾道を愛する気持ちと山中恒の原作に漂うちょっと変な感じが、絶妙です。
この冨田靖子は悲しくほんと素晴らしい。

"時をかける少女”は角川の原田知世を売りだすためのアイドル映画だったと思いますが、
ちょっといただけません。特に、映画初主演の原田知世のせりふまわしが、
一人だけ学芸会風できついっす。
これが決定的で、ストーリに入っていけない!ただ陰影のある尾道の風景はとてもよい感じで、
三作中一番かもしれません。
それだけに残念!


新三部作
『ふたり』ー★★

これはちょっと脚本が重く生々しくて、僕は楽しめませんでした。
そいうものが嫌いというわけではありませんが、
大林監督には合わない気がしました。


全作品に出ている、尾美としのりの演技が光っています。
ちょっと冴えない感じがいいんでしょうね。
無理なく感情移入出来て。

残りあと二作。
『あした』
『あの、夏の日~とんでろじいちゃん~』

ああ、早く尾道行きて~~~!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/44-45aa8078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふたり

ふたり 特別プレミアム版ふたり デラックス版千津子とその妹の物語-「ふたり」メイキング-ふたりふたり草の想い大林宣彦&FRIENDS/草の想いおすすめ度:★★★★★ この映画はNHKで放送されていたのを偶然見た。そのとき、何....

  • 2005/12/30(金) 12:10:35 |
  • おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評

FC2Ad