平成永世まんだら  

日々のつぼ

あの頃のオレより檄!を飛ばされる

サッカー選手(スポーツ全般も)の選手寿命って、
一般社会のそれと較べるともの凄~く短いですよね。
特に前線で走り回るフォワードの選手は、
20代後半からスピードが落ちは始めて、
スタイルを変えざるおえなくなる。
守備の選手はそれに較べれば経験値がより必要とされ寿命も長く、
うちの守護神ファンデルサールはもうすぐ40歳だったりします。

最近、バンドの練習で、
我らが20代後半~30代前半に演奏していた曲を演奏してみてびっくり!
自画自賛でなんですが、良いのですよこれが。
なんというかキラキラしているのです。

当時、体力、集中力、瞬発力、機動力、攻撃力、等々の数値はMaxに近く、
それらに"ハングリー”という無敵の武器を携え、
常に"活動&創造”していた気がします。
(むちゃくちゃ不安定で、守備力は無しですが..。)

そんな中から生まれてくる曲っ子達は拙い部分もありますが、
力があって当然なんでしょう。

そんなこんなで、当時の自分に挑発されていてる気がするんですよ、最近。

”お前なんだか分ったようなつらしてるけど、そんなもんか!?”

ってな感じで。

サッカーと違って、
気持ち一つでフォワードで居られるんですよね、音楽って。
(守備力もある”経験値も活かせる”フォワードってのがいいね。ルーニーみたいで。)

既成の概念と自分は、時に疑ってかからないと、
手遅れになっちまうぜ!ベイベー!
(清志郎風で)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/438-3449176c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad