平成永世まんだら  

日々のつぼ

ゲバラは"LOVE”だった 

昨年キューバを旅した私
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの映画が公開されるならば、
"行かない”というオプションは無いわけで、
昨日2部作の前半、

『チェ 29歳の革命』

を見に行ってまいりました。

CHE.jpg

結論、

良いです!とっても。

今まで文章や写真、短いニュース映像でしか知らなかった、
その人と姿がその匂いさえともなって迫ってきます。
クールで淡々としながらも、
見ているうちにじわじわとゲバラその人に引き込まれて行く、
監督のスティーブンソーダバーグの流石のセンスにも感謝。

そしてカンヌで主演男優賞をとったゲバラ役、
ベニチオ・デル・トロの演技はすさまじく凄い。
革命への抑えた激情とでもいいましょうか。
いやあ惚れました。

ゲバラの言葉、

”真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。
人間への愛。正義への愛。真実への愛。
愛のない真の革命家を
想像することは不可能だ。”

って、もうほとんどジョンレノンで、
その彼の信念の元にカストロと共に革命を成功させ、
作りあげた現在のキューバ。
(ジョンはゲバラを”世界で一番かっこいい男”と称したそうです。)

ハバナの貧しくとも、
なんとものんびりと楽しそうで、
ダンザブル!!な人々を思い出すと、
彼流の『LOVE』になるほどと、
うなずきたくなるのでした。

勿論、今月末公開の『チェ39歳別れの手紙』も見に行きます!

全く関係ありませんが、
この週末2位のチェルシーを3-0で制したマンU!!
このままリーグ優勝だぁ!
現在1位のリバブールとの直接対決が楽しみ、だぁぁっ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/408-44f0b66d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad