平成永世まんだら  

日々のつぼ

挫折回数3回、その無念を晴らしに..?

周りに熱烈なファンが居た事もあり、
挑戦すること3回、
しかしその度に序盤でくじけ、
結局同じところを行ったりきたり....

そう、これぼくの三国志の読書歴です。(読書とは言えないよね。)

一度目は定番吉川英治、
二度目は陳舜臣、
三度目は昨年、北方謙三、

毎回冒頭は砂塵舞う大陸で繰り広げられた歴史絵巻に、
ものすご~く心踊り入り込むのです。
しかし、どれも3巻ほど読んだところで、
登場人物の多さと戦闘シーンの多さに読むスピードが落ち、
やがて.....

大体長いのです、どれも。(陳舜臣は比較的短くて全6巻)

さて、その三国志が映画化されるとあっては、
行くしかないでしょう。
なんといってもその物語の全貌を知るチャ~ンス!
(なんてたって、"ぼくの三国志”では諸葛孔明はまだ登場していないのですから....)

しかも、監督はジョン・ウー!

で、昨日、早速見てきました『レッド・クリフ Part1』

redcliff_wp3_l.jpg

(ここからちょっとネタバレ、気をつけて!)

で、レッドクリフ、すなわち"赤壁の戦い”を描いたこの作品..
ちなみにこれって、三国志の中でもかなり後半に出てくる部分ですから、
"ぼくの三国志”には出てきません..?

しょっぱなから流石の戦闘シーン、
ハリウッド監督、ジョン・ウーならではの迫力です。

ただ当然三国志前半をはしょっている事もあるのか、
人物描写はちょっと大ざっぱかなぁという感じはしました。

特に金城武演じる諸葛孔明に関しては、
重要人物だけにその台詞回しを含め、
もう少し繊細に描いて欲しかった気はします。
戦闘シーンを削っても。

でもpart2は見にいきますよ。

なんだかんだ言っても大作、
見るべき所は多いのでした。
(中村獅童、なかなか良かったですよ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/396-7a756c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad