平成永世まんだら  

日々のつぼ

キューバ紀行 『ルンバに酔わされ蝿と戯むる』 その壱 キューバ上陸篇

三十路前に南米キューバ産のムシカ(音楽)の魅力にとりつかれて幾年月。
時は平成の世になり数えて20年、水無月の14日、
終に積年の夢であった彼の地を旅する事と成りました。

昼過ぎ、エア・カナダに搭乗、
約半日のフライトでまずはトロントに1泊、
翌朝早朝に再び機上の人となり4時間ほどで、
ハバナのホセ・マルティ国際空港に到着。
(こう書くと3行ですが...長かったぁ...)

RIMG1415.jpg
(トロントの空港で一足早く食べた、
キューバンサンド。美味しかったけど、量が多くて...)


空港ロビーで、今回お世話になる、
旅行会社トラベル・ボデギータのSさんが出迎えて下さいました。
Sさんは在キューバ10年、
旦那様はキューバ人のミュージシャンで後ほどこの旅行記に大登場。

どことなくのんびりした空港の外には椰子の木が並び、南国気分に心わくわく。
でもまずは両替しなくちゃです。
キューバで旅行者が使用する"兌換ペソ"は、現地の人達の"ペソ"とは別物。
1兌換ペソは120円ほどで、職種によると思いますが、
キューバ人が一日働いて稼ぐ金額よりも少し多いくらいだそうです。

RIMG1769.jpg
(キューバを旅行するにはその貨幣価値の違いの認識が必要。
あらぬ誤解を受けたりかけたりする事を避けるためにも。
デザインは革命的?!)


両替を済ませ、タクシーに乗りこみいよいよハバナ市内へと向かいます。
道中車窓に流れいく景色は、長年夢見たカリブ色。
素朴な家並み、日曜という事もあってか家族ずれで歩くアフリカ系の人々。
頭の中がコンガのリズムで満ちていきます。

RIMG1772.jpg
(車窓から。カリブチックだなぁ)

30分ほどのドライブで今回宿泊するハバナ旧市街のホテル テハディージョに到着。
部屋に荷物を下ろしとるものもとりあえず、
我々が向かったの先は、カジェホンデハメル。(通りの名前)
そう!前回ブログの画像で前振りした黒人たちの集う場所。
ここで行われいるのは!!!!
今回の旅の目玉の一つ、キューバン・ルンバのライブです!
次回いよいよ登場です!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/373-96eaf952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad