平成永世まんだら  

日々のつぼ

あちら側の世界へ~~~~

昨日までの3日間。

録画した巨人vs中日戦を、
ワールドベースボール以来の真剣さで毎夜中観戦したのですが....
一度もカタルシスの得られないまま.....

某クラスの生徒さんは、
本日行われるはずであった"第4戦"を見に行く事になっていたそうですが....
ほんとご愁傷様でした。

優勝したのにねぇ。。切ないのであります。


野球とは関係ありませんが、
金曜日にこれも全く違った意味で、
切なく哀しい映画、

『パンズ・ラビリンス』
を見にいってきました。

pan’s

しかしこれは映画筋肉のある方、
約2時間の重苦しさに耐えられる方、
エグ~いダークファンタジー好きの方etc.
(映像は哀しいほどに美しいのであります。)

であったらむちゃくちゃお勧めであります。

とにかく見終わった後の余韻が半端ではありません。
僕はしばらく呆然とし、涙がじわじわと染み出して来ました。

舞台は1944年、フランコ政権下のスペイン、
"愛する父親"を失った一人の少女の"新しい父親"は、
ファシズムを体現化したような一人の軍人。
耐えられない現実から逃げだしたい少女の前に妖精が現れ、
ラビリンスへと誘う....その先にあるものは....

残念ながら金曜の夜にしては、
観客が少ない気がしました。
もっと沢山の人に見てもらいたい映画であります。

もどります...
巨人vs中日は耐えられない現実の三日間。
出来る事ならば妖精に

”クライマックスシリーズの無かったあちら側の世界"

へと誘ってもらいたい..

そんな気分であります。

================

永世演唱会
「あちら側からこちら側へ」

2007年11月19日(月)
at 吉祥寺 Star Pine's Cafe 
会場18:30 開演 19:00
前売り2,300円 当日2,600円

タイトル”あちら側からこちら側へ”の謎を知りたい方は、こちらをクリック!! by永世
スポンサーサイト

コメント

この映画は某語学番組でも紹介されていて、
ぜひ見たいと思っていました。
ただ、映画館で見る機会は残念ながら
無さそうです。
DVD化されることを期待して待つことに
します。

  • 2007/10/22(月) 13:50:35 |
  • URL |
  • 毎日がラビリンス #-
  • [ 編集]

映画筋肉!!(笑)
そんな表現があるとは……
先日、デビッド・リンチの「インランド・エンパイア」を見てきました。
本編上映時間180分!!
かなりの映画筋肉の持ち主ってことでしょうか(苦笑)

  • 2007/10/22(月) 20:12:57 |
  • URL |
  • megumi #JO7XC68s
  • [ 編集]

毎日がラビリンスさんへ
というと、スペイン語の番組なんでしょうね。
アカデミー賞の数部門で受賞しているにもかかわらず、
都内での上映館は少なく期間も短いような気がしました。
しかしDVD化は間違いないでしょう。
是非ご覧になって下さい。

megumiさんへ
「インランド・エンパイア」は見たかったんですけどね...。
噂によれば、かなりの映画筋肉が必要な映画かと....。

20代前半にタルコフスキーというロシアの監督にはまった事があります。
どれも長くて眠くなるのですが、
何故か惹かれて、都内の小さな映画館に足繁く通いました。
最近その頃映画館で見た作品を見る機会があったのですが、
途中のカメラの長回しに耐えられず、
早送りしてしまいました。
そう、映画筋肉は衰えるのです
残念!


  • 2007/10/23(火) 10:33:39 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

パンズ・ラビリンス、楽しみです。
でも、予告編見るだけで胸が痛くなります。

短いけれども重く、哀しいほど美しい『エル・スール』も
スペイン内戦が背景にある映画ですね。

  • 2007/10/23(火) 13:16:56 |
  • URL |
  • 毎日がラビリンス #-
  • [ 編集]

ラビリンスさんへ
おお懐かしい!
20代の前半、(確か....)
『エル・スール』と『ミツバチのささやき』を二本立てで、何処でだったかなぁ....
下高井戸...吉祥寺....大森....馬場...??
全く思いだせませんが、名画座で見ました。
内容は忘れてしまいましたけど....。
これを機会にまた見てみようと思います。

  • 2007/10/23(火) 14:28:28 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

なんて豪華な二本立て!
三軒茶屋で『バタフライ・キス』と『ウェルカム・トゥ・サラエボ』の痛ましい二本立てを見たことがあります。
映画筋肉隆々だった頃。

ミツバチもエル・スールも、今や借りることすら困難です。
いい映画なのに残念なことです。

  • 2007/10/24(水) 09:49:05 |
  • URL |
  • いつでもラビリンス #-
  • [ 編集]

最近見るのはほぼUSA産エンターテイメント映画になってしまいましたが、
時々ヨーロッパなどの作家性の強い作品を見ると、
エンターテイメントとは違った映画の力、凄みを感じますね。
そいいった映画が簡単に見れないというのは残念です。
エル・スールなどはアマゾンで見たらとんでもない値段がついてました。

  • 2007/10/24(水) 11:12:25 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

パンズ・ラビリンス、見てきました。
ラストシーンは涙が止まりませんでした。
なんとなく予想はつきましたが、あまりにも美しく悲しいファンタジー。

あっという間の二時間でしたが、確かに万人にすすめられる作品ではないのかもしれません。

  • 2007/11/24(土) 23:25:08 |
  • URL |
  • どこでもラビリンス #-
  • [ 編集]

どこでもラビリンス さんへ

おお、見られましたか。
あのラストはちょっと経験の無いたぐいの切なさですよね。
確かにあっという間の2時間ですが、
見ていられない人もいるかもしれませんね。苦しくて。

  • 2007/11/25(日) 10:30:35 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/332-6f90a34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad