平成永世まんだら  

日々のつぼ

田んぼの中の一軒家で耳をすます

友人のサイトを見ていたら、ラジオの話が出ていて、
僕も便乗したくなりました。

僕が子供の頃はよく聞いた番組というと、
NHK・AMの「若いこだま」と、FMの「サウンドストリート」です。

曜日代わりで、パーソナリティーが変わるのですが、このメンバーが凄かった。
僕が覚えているだけでも、

矢野顕子、坂本龍一、甲斐よしひろ、佐野元春、村上龍、
山下達郎、山崎ハコ、友川かずき、渡辺香津美、大貫憲章、渋谷陽一等々。


こんなハイカラな人達が(正反対の人もいますが、それはそれでインパクトがあった)
日替わりで出てきて、おしゃべりをし、お気に入りの音楽をかける。
磐田の一中坊、一高校生に与えた影響ははかりしれないものがあったはずです。

特に、音楽評論家渋谷陽一氏の番組はよく聞きましたね。ロックの新譜がかかることと、
その理屈っぽい語り口が楽しいことで、夢中になって聞いたものです。
勿論常にエアーチェック態勢。イントロが欠けないよう、
指先の神経は常時研ぎ澄まされていました!??

最近はラジオを聞かない生活になってしまいましたが、
時々無性にAM放送の音が聞きたくなります。
音楽番組とかFENではなくて、NHKの”季節の便り”とかなんとか、そんな感じの番組が。
これってノスタ~ルジア?

radio
(MY Radio-ここは何故か電波状況が悪い)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/32-6c839215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『男たちよ、音楽で“少年”に戻ろう』

甲斐よしひろ、今週号の週刊現代にジャスト1年振りの登場。1年前の『甲斐からビジネス戦士に熱きエール』では、「男たちよ、こんな時代だからこそ抗(あらが)って生きろ!」「生きていくことの凄みは、抗っている様をもう一人の自分が客観的に見ていて、...

  • 2005/11/02(水) 22:11:16 |
  • 〓福岡ソフトバンクホークスが世界一に輝く日〓               

FC2Ad