平成永世まんだら  

日々のつぼ

お前捨てられんのか!? PRIDE廃棄塾!! その五 レコード編

もういいよという声が聞こえてきそうですが、
暫く音楽とこれが生活の柱になりますので、ご勘弁を。

昨日は結局結婚後..というか、
大分前にレコードプレーヤーが壊れてから一度も聞く事が無かったレコード達を、
某中古レコードショップに送りました。

現在の住処に越して来る時、
大半は売ったり捨ててしまって、
貴重な盤、思い入れのある盤のみ150枚ほど取っておいたのですが、
もういいかなぁ。。。という感じで、
そのままになっていた段ボールを開けました。

一枚一枚見ていくと、古くは中坊時代に買ったジェフ・ベックの"ライブワイアード"、
高校時代に初めて買ったジャズ・レコード、ジム・ホールの"アンダーカレント"、
(我ながら渋い高校生だ..)
東京に出てきて中古屋に通い集めたジャズ・レコード群、
ジャズから離れた後はブラック・ロックにファンク、ソウル...
もう一度聞きたいなぁと思わせるものも数知れず...
実際、CDに切り替わった当初は、
その色気の無いデジタル音にがっかりし、
結局レコードばかり聴いていました。
(レコードの芯のある音というのは、
毛穴に潜り込んでくるような感じがしましたね。
音から受ける快感値が高い!)

そんなレコード達ともお別れ。

当たり前のようにしていたレコード針と盤の埃をとって、
ターンテーブルに乗せ、A面B面をひっくり返して聞く作業...
何の苦にもならなかったはずですが、
そんな事も出来ない"デジタルな体”になってしまったんしょうか....。
JIM
(ジム・ホール/アンダーカレント。大名盤の一つ。ジャケットも音楽も凄みのある美しさです。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/289-100f9bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad