平成永世まんだら  

日々のつぼ

アイルランド紀行 パイロット版 朝食篇

いつまで続くのかパイロット版?
いやいやこれが本公開だ!?
などと中途半端な状態ながら、
今日もお送りしますアイルランド紀行 パイロット版!
今日はアイルランドの朝ご飯をご紹介。

宿のチェック・イン時、または朝ごはんの席に着いた際尋ねられるのが、
コンチネンタル・ブレックファースト、
またはフル・アイリッシュ・ブレックファーストのどちらにするかということ。
前者はフレッシュ・ジュースにシリアル、トースト、ソーダブレッド&コーヒー、
紅茶というシンプルなもの。
後者はそれらに、卵料理、塩気の効いたベーコン、ソーセージ、
豚の血を固めて作ったミニハンバーグのようなもの、温めたトマトを加えたかなりのボリュームで、
昼抜きでも大丈夫な完全武装方ボディーを作ってくれる、旅行者にはありがたいものです。
(昼食べられないという寂しさもあるか...。)
前者と後者で値段に違いはなく、
我らは必ずといっていいほど、
フル・アイリッシュブレックファーストを注文します。

まずはVictria Hotelの朝ごはん!

asa1
最初はシリアルを勝手にとって食べます。
そこへ、小さなトーストがサーブされます。
ちなみにこコークはバターで有名。
それでだかどうだかわかりませんが、
バターがむちゃくちゃ美味かった。

asa2
真打登場!!
なんてことはないのですが、明らかに日本のものより、
塩気が多いベーコンとソーセージ。
体には悪そうですが、これがなかなかいける!
ヨーロッパの狩猟民族?の血を感じます。

これを二日間食べて、
次はOalkland B&Bの朝ご飯。

asa3
おっと~、既に顔が疲れているぞ~。

asa4
まあVictriaと基本的には同じです。微妙に肉類の塩気の度合いが違いますが...。
ここは二泊目は朝早く出なければいけなかったので、
一泊目の一食だけ頂きました。

お次はドゥーリンのDoolin View B&B

asa5
と、思ったら、気がついた時には朝ごはんを食べ終わってました..。(トホホ。)
ここは確か豚の血を固めたハンバーグが出たよなぁ...。
奥さん、これが美味いんですよ!
ここも二泊中、一泊目の一食だけ頂きました。

さて最終日のGresham Metropole Hotel!

asa6
まあ、他と一緒です。
流石にちょと食傷気味。
実は前夜、疲れきった体にタイ料理を流し込んだせいか、
胃腸に不具合を感じていました。
よって、迷ったのですが、バイキング形式だったので、
少しだけ食することにしました。
そしたら、どうでしょう!
流石、ちょっといいホテル!
お味は塩気も抑えてあってちょっと上品。
これがほどよい具合で、胃腸の具合もなんとか復活してきました!

毎日食べていたら、腹がせり出す事間違いなしの、
フル・アイリッシュ・ブッレクファースト。
この禁断の味も旅行という期間限定ならではのものでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/199-32ef1097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad