平成永世まんだら  

日々のつぼ

梅雨前のジャガイモ シリーズ第二弾 アイルランド篇

アイルランドと言えば、ギネス、音楽、じゃがいもであります。
どんな料理にも必ずたっぷりのじゃがいものつけあわせがついてきます。
時に、マッシュド・ポテト、時にフライド・ポテト、
つけあわせではないですが、アイリッシュ・シュチューに入ったじゃがいもなどetc.。
もはや主食であります。

これ、ほぼ文字通りでありまして、
決っして土壌が良いとは言えず寒冷地のアイルランドでは、
(と言っても、緯度が高い割りに、雪は降らないし、北海道よりは暖かい。
これは流れ込む温暖なメキシコ湾流や大西洋から吹く、偏西風の影響。)
古くからじゃがいも作りが奨励されていました。
そのため、1840年代の”じゃがいも大飢饉”では、
100万人以上が死亡、200万人上がアメリカやカナダに移住したと言われています。
(ニューヨークと言えば、アイリッシュでしょ?)

さて、このアイルランドのじゃがいも、
とても美味です。
アイルランドの野菜全般に言える事ですが、
かみさんの言葉を借りればとても”野菜らしい味”がします。
どれも素朴で、”暖かい味がする”とでもい言えるでしょうか。

アイルランドまで、あと11日。結局これが言いたかっただけ?
(こうやって、カウントダウンしていると、待ち遠しさが倍増して、
日常生活に少しばかり支障をきたすという事に最近気づいた。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/190-fb39a0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad