平成永世まんだら  

日々のつぼ

ME KA RI A - BI E SU /この暗号を解け

公開前から巷では『その絵に隠された謎は?』とかなんとか、
大変な騒ぎになっていた『ダヴィンチ・コード』。
公開初日の昨日、朝いちの上映を亀有MOVIXで見てきました。

各地では、朝6時から行列が出来たのなんだのと大変だったようですが、
亀有ではほぼ6割程度の入り。
何のストレスもなく2時間半の上映を楽しみました。

で、肝心の映画のほうは、

予備知識ゼロで望んだぼくには、
前半の展開が早く感じられ、
脳味噌をフル回転。
土曜の午前中にはちょっとキツかったか...
が、
物語の背景が徐々にインプットされ、
後は演者と共に謎解きに身をゆだね、
楽し楽し。

という感じでした。
まあこの役、トム・ハンクスでなくてもいいよねとか、
ジャン・ノレじゃなくてもいいよねよとか、
映画としては普通だなとか、
色々あるのですが、
娯楽作品として十分楽しめるし、
キリスト教というものを考える機会も与えてくれます。

世界各地ではカトリックの信者達が上映の抗議活動を行っているようで、
エンターテイメントの衣を纏ってはいますが、
爆弾を抱えた危険な作品であるのでしょう。

何故って?

これ以上言ったら刺客が映画会社から差し向けられそうなので、この辺で。

さよなら さよなら さよなら

(本編とは何の関係もありませんが、
昨日はその後恵比寿へ行ったので、
その画像をご覧になって頂いてお別れの挨拶とさせて下さい。)

P.S.
そういえばタイトルの
ME KA RI A - BI E SU /この暗号を解け
本編に関係するただの並び換えであります。

CODE1
"最後の晩餐"に隠されたメッセージとは?(イメージ画像)

CODE2
真の復活が...(イメージ画像)

CODE3
その時、マグダラのマリアが涙を流す(イメージ画像)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/184-76d15f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad