平成永世まんだら  

日々のつぼ

『アイルランドへの道』 Part 3 宿とり

ライブ以降、にわかに慌しくなり、
アイルランド旅行関連の手配も気になっていたのですが、
ようやく昨夜宿取りに手をつけ始めました。

アイルランドの宿は基本的にはネットかメール、
僻地で設備が無い場合は(最近はそんな事も無くりましたが。)
電話を直接宿に掛けて予約します。

まずは宿泊初日、南部、コークの宿。
ちょっと前にネットで検索した時点では、
値段が安く、建物も古くて雰囲気があり駅やバスステーションに近い、
ヴィクトリア ホテルが空いてるいるようだったので、
余裕をかましてネットのブッキングフォームに入力してみると、
なんと空き部屋無しでショック!

で、また一からやり直し。
通常、アイルランド旅行では値段が安いB&B(ベッド&ブレックファースト)
という民宿を利用するのですが、
旅の初日は現地への到着時刻が読めないため、
オーナーや他の泊り客に気兼ねしなくてすむホテルを利用するようにしています。
ただこれがB&Bに比べると数が少なかったり、
値段がまちまちだったりして、選ぶのがちょっと手間なのですよ。
(まあ探す楽しみというのもあるんですけどね...)
で、仕方なく少し値のはるグレシャム・メトロポールのブッキングに
"HOTEL CLUB”という代理店のサイトでトライ。
(直接ホテルのサイトでブッキングするよりも、
少し安くなるからです。まあ日本も同じですよね。)
これは旅最終日も合わせて予約することに。

で、結果は!

なんと最終日のブッキングは成功したのに、
初日はホテルに確認中とのコメント!!なんでやねん!!と、
おもいっきっりPCにつっこんでおりました。
空いてないなら空いてないってはっきり言えっちゅうの。
これだと何時まで待っていいのかが分らなく、
ストレスが溜まるばかり。
今現在ストレス数値が刻一刻と上昇している最中であります。

うん、あと一日待ってやるよ。一日。
それまでに取れていなかったら、
必要以上に超キャンセルしてやる!
と、心に決めているのでありました。

参考画像
hotel
(去年の初日泊。エニスのホテル)

b&b
(何度も行っている、アラン諸島のB&B。今ではメールも送れる。
ここは本当に素晴らしい!)


PART 1
PART 2

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/167-01645c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad