平成永世まんだら  

日々のつぼ

”どこでも平常心!”と、大山のぶ代の声でどうぞ

今日は朝から、仕事モード全開で、
あれやってこれやってと、
時間単位でいろいろと計画を立てていたのですが、
『あっ、そういえば今日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)じゃなかったっけ?』
とチャンネルをちょろっと変えたのがよくなかった。
そこからはテレビに釘付け。
なんてったって、米国と初のガチンコ野球対決。
見ないわけにはいかんでしょう。
(途中まで見て、泣く泣く会社に向かった皆様、ごめんなさい。)

残念ながら日本は負けてしまいましたが、
最後まで勝敗の行方が分らない良い試合でした。
(この試合、審判の無茶苦茶なジャッジがあり、
日本の得点が一点削除されてしまいました。ほんとは勝ちだったよなぁ.....。)
そんなこんなで、最後まで緊迫感が途切れず、
ぼくはただ見ている事に耐えられなくなり、ギターを爪弾きながら観戦。
これで程良い興奮状態をキープ。
行き詰る攻防に酸欠で病院に運ばれる事もなく、
ゲームを見届ける事が出来ました。
(なんじゃそりゃ。)

無責任なテレビ観戦者がそんな状態なのですから、プレーしている選手のプレッシャーは、
両軍共大変なものだったと思います。
肩に力が入りコントロールを乱すピッチャー。
観客の『U・S・A!』コールで、ピッチャーの失投を見逃してしまう日本人バッター等々。

さて、話変わって、土曜日に行われた、シンガーコンペティションの決勝大会。
残念ながら我らが”みしなさつきさん”はグランプリを取る事は出来ませんでしたが、
色々なプレッシャーのかかる中、本当によく頑張ってくれました。
(個人的には惜しいところだったと思っています。)

この大会全体を通して感じたのは、出演者の皆さんが、
緊張で普段の力が出せていないなぁという事でした。
(そういうこのわたくしも、伴奏が硬くなってしまったなぁ...と、反省しております。)

結局練習量を増やすとか、場数を踏むしかないという結論になるのかもしれませんが、
WBCの世界最高峰の選手だって、
緊張でいつものプレーが出来ない姿を見ていると、
人間というのは中々大変な生き物だなぁと思うわけです。

そんな時にスイッチ一つで平常心を取り戻せる機械....、
ドラえもんなら持ってるかなぁ?
(そんなオチか....。)

追記:
そんな中で先頭打者ホームランを打つイチローというのは、
文字通りプロ中のプロという事ですね。
いやあ凄い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/152-c2d44928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad