平成永世まんだら  

日々のつぼ

原宿で神の仕業を見た!

僕は、誰の手もかりずにステージ中央にあるマイクの前に立つ事が出来るし、
ギターのフレットを指で一つずつ確認しなくても、
曲頭からハイポジションのコードを押さえる事が出来ます。

盲目の彼にはその二つが出来ません。

しかし、その代わりに神が彼に与えた”ギフト”の何たる凄さ、素晴らしさ。

gift

日曜日にShibuya AXで行われたラウル・ミドンのコンサートに行ってきました。
スタッフに手を引かれ、ギターを抱えただ一人ステージの真ん中に残ったラウル。
マイクとフレットの位置を確認し、体にたまった余分な空気を吐き出すと、
スパニッシュギターの弾き方に似た奏法でアルペジオを始めました。

その瞬間から約二時間。

僕は未だかつて出会った事の無いミューズの申し子が唄い奏でる音楽を体感する事になります。

まずは、唄とギターのクオリティーがムチャクチャ高い。
どちらかが、スーパーレベルというアーティストは、沢山いるわけですが、
どちらもこれだけ世界レベルという人を僕は知りません。
その奇跡の出会いにより、未だかつて無いパフォーマンスが生まれるわけです。
唄はソウル、R&Bの本格派。
ギターはスパニッシュ奏法が基本。
タッピングや、ボディーをがんがん叩く文字通り打楽器としても使用しています。
信じられないのはミスタッチが殆ど無い事!
フレットは全く見えないはずなのに...。しかもフレット飛びは当たり前。
それを”見ている”だけでも、ちょっと不思議な感じです。

次に口トランペット!これがねぇ、凄いんだほんと。
一瞬別に、フリューゲルホルン奏者がいるのではないかと疑ってしまう、
まろやかな、金管の音が彼の口から発せられるのです。
しかもフレージングの音楽的幅が広い。
基本的にはジャズのビパップモーダルなフレーズで、
そこにソウル、ラテン風味が加わります。
加えて、ギターの単音フレーズと共に緊張度の高い二声の高速フレーズを奏でるわけですよ。
いやあびっくり。

テクニック的な事ばかり書いてしまいましたが、
彼の音からにじみ出る、ハート!これが一番です。
これに泣きます!(というか二回泣きました。)

僕は自分では比較的音楽の幅が広いほうだと思っていましたが、
もうそんな事は金輪際思いません。(思うくらいいいだろ...)
R&B、ソウル、ラテン、ジャズ、スパニッシュ等々、
これだけの音楽の要素を自家薬婁中のものとして、客席に”音楽の贈り物”を届けるラウルの姿。
マジで拝みそうになってしまいました。(ちょっと言いすぎか?)

彼の体の中にある"音楽量”を測ったらどれくらいになるのでしょうか?
スティービーもそうですが、彼らは光を遮られた事によって、
目が見える人より余計に”音楽”を分け与えられているのではないかと、思わずにはいられません。
それは決して羨んではいけない事なのでしょうけど....。

umai
(帰りによった、原宿餃子楼。ここはほんと安い、美味い!行って損なし。)
スポンサーサイト

コメント

残念ながら逃してしまいましたが(東京国際フォーラムも即日完売)、行間から会場のしびれるような空気が伝わって来そうです。あー、本当に見たかった・聴きたかった!

彼の場合、もはや「盲目の」という枕詞をつけて語る必要性を感じないミュージシャンだと思います(もちろん、背景としては欠かすことのできない要素なのでしょうけれど)。予備知識なしに聴いても、類まれな才能に恵まれたアーティスト、だと思います。

餃子も良さそうですね。

  • 2006/02/01(水) 13:35:25 |
  • URL |
  • 逆フライング #-
  • [ 編集]

まだチャンスが....

こんなurlがメールで届きましたが、
以下の条件文も付いていました。
どうなんだろう?会員なら誰でも申し込めると思うけど...。
http://mars.eplus.co.jp/ss/kougyou/stoku.asp?kc=014551&ks=23&os=003
以下付帯文書
※このメールは、下記のe+会員の方だけにお送りしています。
・関東エリアにお住まいでRAUL MIDONに登録していただいている方
・RAUL MIDON 東京公演を以前にお申込みいただいた方

  • 2006/02/01(水) 16:01:26 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

口トランペット!!

なるほど、そんなサプライズがあるんですね!
日記読んだだけで、もうかなり気分が盛り上がってきました。

  • 2006/02/01(水) 20:35:05 |
  • URL |
  • 生徒さん #-
  • [ 編集]

おっ、こちらはチケット獲得者。
悲喜こもごもですな。

  • 2006/02/02(木) 09:19:35 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

耳寄りな情報をありがとうございました!!
たった今、当日券の申し込みを完了しました。
土曜日が楽しみです。立ち見、がんばって行ってきます!

  • 2006/02/02(木) 20:43:56 |
  • URL |
  • やっと追いつきました! #-
  • [ 編集]

おめでとう!楽しんで来てください。

  • 2006/02/03(金) 08:33:52 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

行ってきましたー!

細かい感想はここでは申し上げませんが、演奏中ずっと、巨大な心臓の中で鼓動に包まれているような感覚でした。これを聞き逃していたら、きっとこの先ずっと後悔しただろう、というくらい素晴らしかった(二回泣いたというのもわかります。私も何度も目頭が熱くなりましたから。あと、鳥肌も)。

当日券の存在を教えて下さってありがとうございました! 結果的に、最前列と同様の席に座って見ることができましたよ。

  • 2006/02/05(日) 02:24:50 |
  • URL |
  • 座りでした。 #-
  • [ 編集]

座って見れたとは....。
僕の時は、オールスタンディングだったので、
最前列ではありましたが、体はかなり疲れました....。
とにかく、素晴らしかったようでなによりです。

  • 2006/02/05(日) 09:00:38 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

今年も決定!

先ほど新しいアルバムを購入したところ、こんな情報が! まだ先ですが、取り急ぎお知らせします。

詳細はこちらを
http://www.emimusic.jp/st/artists/raulmidon/index.php

http://www.hipjpn.co.jp/pc/04_art/249.html

  • 2007/09/07(金) 19:49:53 |
  • URL |
  • 今度は早耳? #-
  • [ 編集]

ありがとうございます!

早耳さん、情報ありがとうございます!
今回も行けるといいんだけど...

  • 2007/09/09(日) 22:06:07 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/126-1f350a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad