平成永世まんだら  

日々のつぼ

この子達がプロ棋士となった時、僕の名前は伝説となる

今年も残すところあと僅かです。
明日から帰省するためこの投稿が2005年最後となると思われます。
(確証は無い。気が向いたら、投稿してしまうゆえ。)

今年一年を振り返り、なにやらベスト10みたいなものもやりたいのですが、
それは来年に回すとして.....。

我が家は、大掃除も無事終わり、
本日はかみさんの大学時代からの友人Mさんと三人のお子さんを迎え、
先ほどまでてんやわんやの大騒ぎでした。

Mさんは、だんな様の実家がある福島県で、
三人のお子さん達(男の子三人!)と暮らしています。
この年末はMさんの実家がある東京に帰省していて、
我が家にも遊びに来てくれました。

お子さんは一番下から二歳、四歳、六歳の可愛い盛り!

そんな遊び盛りでもある子供達を迎えた我が家ですが、
トランプぐらいしか、子供の遊び道具が思い当たりません。

そこで!チチンプイプイと我が懐よりとりいだしましたるは、
91個の枡目が入った一枚の板と、40個の駒!
子供達への問いかけの言葉は、
「将棋、やる?」
今度小学生になる長男君が、
「やる!」と即答。
うっうっ...うれぴい!
涙を堪えて盤面に向かいました。

駒の動かし方と基本的な指しまわしを教えてあげると、
どんどん楽しくなってきたようで、なかなかの手つきで指しこんできます。
で、結局僕は負けてしまいました。
(かつて、うちのかみさんは、でたん@kono氏の5歳の愛娘と某温泉場で対局し、
娘さんの王さんを詰んでしまうという大人気ない行為で、彼女を泣かせてしまいました。
これは”禁じ手”です。)

4歳の次男君も横で我等の対局を眺めながら、
「僕もやりたいよ~」
と、いたいけな瞳で訴えかけてきます。
で、第2局目は兄弟対決!
次男君にはまずはどの駒を動かしたいか聞き、
その駒の動ける範囲を教えてあげるというやり方で、
長男君との対局を進めていきました。
二人ともこの”勝負”がとても楽しそうで、
そんな姿を見ている僕もとても幸せな気分になっていきました。

二人とも!俺の分まで強くなってくれよ~!
そしてまた将棋指そうぜ~!

大変唐突ではありますが、皆様良いお年を!!

kishi

スポンサーサイト

コメント

新年早々になんですが・・・

91個の枡目?

あ、そうだ。あけましておめでとうございます。

  • 2006/01/01(日) 01:07:16 |
  • URL |
  • Kanother #-
  • [ 編集]

9x9=91と.....あれ...
81だよ!
まあそういうこともありつつ、
あけましておめでとうございます。

  • 2006/01/01(日) 10:12:15 |
  • URL |
  • いしなが #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagayo.blog25.fc2.com/tb.php/104-a2cf471d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad