平成永世まんだら  

日々のつぼ

2009年 奈良の旅 脳内も時空を越えた 最終回

ライブ情報
Mails live at 大森 Sound Bar B1
11月6日(金)
OPEN/START 18:00/20:00
ミュージックチャージ2,000円(1ドリンク込み)
品川区南大井5-23-8第6ハネビル B1
TEL03-3764-7098
====================================

どんな旅にも終わりはやってくる、(終わり無き旅というのもあるか...)
最終日は飛鳥であります。
鞄の中には『落日の天子 蘇我入鹿』下巻
物語は佳境にはいり、クーデター前夜といったところ。
向かう電車の中、いやがおうでも気分は盛り上がります。

コピー ~ RIMG4534
電車に揺られ揺られて50分。
飛鳥に到着。
日本の原風景とも言えるのどかな風景。
五木寛之氏によれば韓国のキョンジュにも似ているとの事。
この国に文化を運んできた、渡来人達も望郷の念を抱いた事でしょう。

コピー ~ RIMG4535
壁画でおなじみ、高松塚古墳。
壁画に描かれた衣服のカラフルさ。
大陸の風が吹いています。

コピー ~ RIMG4539
こんな石が飛鳥には沢山!
こちら『亀石』。
ちなみに用途は不明。

コピー ~ RIMG4542
こちら、『二面石』。善と悪の顔だとか。

コピー ~ RIMG4545
で、その二面石が置かれているのが、こちら!
聖徳太子の誕生の地と言われている橘寺。

コピー ~ RIMG4548
天智天皇が建立した寺院とその跡です。
こういった"跡”はかなり脳内トリップ度高いです。
目を凝らしていると少しづつそこに柱が建ち、
壁が建ち.....水が流れ....人々が歩き出し..

コピー ~ RIMG4554
蘇我馬子の墓と伝えられる、石舞台古墳。
かなりでかい!どうやって運んだんだろう?

コピー ~ RIMG4552
その石舞台古墳周辺は公園になっていて、
野外講演会(?)をやってました。
すみません!講師の先生とお客さんの間を自転車で駆け抜けたのは、
ぼくとかみさんです。

コピー ~ RIMG4563
キタ~!こちら板蓋宮!(いたぶきのみや)
石を見て一人で興奮してますが、
なんたって、こちらクーデタ-、大化の改新の現場でございます!
ここで蘇我入鹿が暗殺されたとわけですよ。
これにより大豪族支配の時代が終焉をつげ、
律令国家(刑法&行政法)の時代へと変わっていくわけですから、
この国にとってむちゃくちゃ大事な場所では?

ちなみにこちらは田んぼの中にぽつんとありまして、
危うく行き過ぎてしまうところでした。

コピー ~ RIMG4567
不思議な石シリーズ!
こちらは坂船石と呼ばれ、
使い道は宮殿の庭に水を流すなど、諸説あるそうです。

コピー ~ RIMG4569
亀方石造物。
こちらも水をため流すための装置。

コピー ~ RIMG4580
出たぁ!
こちら日本最古の大仏、
あの(?)蘇我馬子の建立した飛鳥寺の、
飛鳥大仏!!
火災などもあり何度も修復されつぎはぎだらけなのですが、
1400年間ず~っとこの場所に座しているそうです。
馬子も聖徳太子も入鹿もそしてぼくもみ~んな見ているこの大仏。

それって凄いと思いませんか?

室町の頃、寺は荒廃し野ざらしになっていた事もあるとか....
面構えは荒々しく、修復の跡がまた迫力を増している....
このたたずまい、忘れる事は無いでしょう。

コピー ~ RIMG4588
で、その飛鳥寺の裏にある、
蘇我入鹿の首が飛んできたと伝えられる、首塚。
ちなみに、クーデターの現場から数百メートル離れています。
恐るべしは、入鹿の無念なり!

コピー ~ RIMG4595
飛鳥寺そばのお蕎麦屋さんで食べた、
小海老の天麩羅とからみ大根のそば。
うめ~よ!

コピー ~ RIMG4599
こちら甘樫丘。
近くに見えるは畝傍山。
入鹿がここに砦を建てたと小説に書いてありました。

コピー ~ RIMG4603
反対側には飛鳥寺を中心とした町並み。
飛鳥時代にはここに高い仏塔や大きな寺院があり、
さぞかし華やかだったことでしょう。

コピー ~ RIMG4612
飛鳥の地にはこんな宮内庁の建て看板がいたるところに。
中を覗いてみると.....

コピー ~ RIMG4611
こんなんや....

コピー ~ RIMG4613
猿石と呼ばれる像が....
こちら吉備姫王墓なのでした。
墓守でしょうか。

さて、飛鳥はここまで。
さまざま石達や遺跡、仏様を前にして、
1400年前を幻視するという、
脳内劇場フル回転の楽しい場所でした。
(まあ、それは飛鳥のみならず奈良各所で得た感覚だったかな。)

名残惜しくも我らは奈良市内へと戻る電車に乗ったのでした。

コピー ~ RIMG4618
で、奈良市内。こちら出来立てのよもぎ餅を食べさせてくれるお店。
初日店の前を通り過ぎてものすご~く気になってたんだよね....
で、餡に呼ばれて再訪、
念願かなって食べました。
美味かった!

コピー ~ RIMG4622
奈良街のとあるお店の前のイラスト。

コピー ~ RIMG4637
奈良を去る電車まで20分しかなかったけど
人影無く
ライトアップされた五重塔
また何時来れるかわからないから
網膜に焼付けにきました。

また夢に見れるかな...

コピー ~ RIMG4639
大和は国のまほろば
(まほろばとは素晴らしい場所、住みやすい場所の古語)

おわり
スポンサーサイト

2009年 奈良の旅 脳内も時空を越えた 其の弐

ライブ情報
Mails live at 大森 Sound Bar B1
11月6日(金)
OPEN/START 18:00/20:00
ミュージックチャージ2,000円(1ドリンク込み)
品川区南大井5-23-8第6ハネビル B1
TEL03-3764-7098
====================================

奈良の旅二日目、
まさにこの日、
興福寺に阿修羅像が帰ってくるという事で、
見逃す事は許されず、
朝から西の京、(薬師寺、唐招提寺)、
11時には戻ってきて興福寺&東大寺ってな感じでいこうという計画でありました。

コピー ~ RIMG4374
こちら、ご存知薬師寺の東塔と金堂。
東塔は白鳳時代に建立、いぶし銀と言っても足りない、
渋さが良い感じ。
ほぼ開館時だったため、修学旅行の子供達も見当たらず、
ゆっくりと拝観出来ました。

なんといっても国宝の薬師三尊像!! 
主役の薬師如来の優しさ、
脇を固める日光、月光菩薩の艶っぽさ、
じっと堪能しているうちに時間が過ぎていきます。

コピー ~ RIMG4383
西遊記でおなじみ三蔵法師を祀った玄奘三蔵院伽藍。
平山郁夫の大唐西域壁画殿も迫力です。

日替わりで国宝三昧、旅はするもんだねぇ。

コピー ~ RIMG4385
鑑真の唐招提寺。
(ここも夢に出てきた気がする場所の一つ。特に太い円柱。)
残念ながら金堂が修復中で大迫力の千手観音立像は見れず。
なんてったって、1200年前の木造建造物。
それを次世代次世代につないでいくわけだから仕方ないね。

コピー ~ RIMG4390
その代わり、(?)こんな素敵な庭も見れます。
修学旅行時はここはほぼ駆け足で通り過ぎた気がする。
なんでそんな事覚えてるんだろう?

コピー ~ RIMG4407
午前11頃、奈良中心部に戻り、興福寺へGO!
まずは出張していた阿修羅像をお堂で見る阿修羅展へ。
ここはさすがに行列が出来ていて
おまけに雨まで降り出して難儀でございましたが、
ナマ阿修羅像に会えて感激!
ちなみに興福寺の像達は同時代の他の物と比べると異質な感じ。
特に阿修羅像は思ってたより小さかったり、
その顔がなんというか劇画風であったりと...
ありがたいだけでなく、
見ていてワクワクするような....

で、もう一つのメイン、五重塔。
高さ50.1m、ど迫力です。
奈良の塔では一番かっこいい。

コピー ~ RIMG4412
千数百年間変わらぬ風景なのでしょう。

コピー ~ RIMG4420
奈良市内いたるところにせんと君です。
けっこう可愛いよ。

コピー ~ RIMG4421
お昼は”志まず”というお店で懐石御膳。
奈良の地酒も頂いて、
良い気分。
写真に天麩羅、椀物、ご飯がついて3000円弱、
しかもどれも美味で、リーズナブル。
(しかし酔いと疲れで数時間後に猛烈な睡魔に襲われる。)

コピー ~ RIMG4442
ジャ~ン!やってきました東大寺!
でかい、とにかくでかい!

盧舎那大仏や大仏殿を建立する際、
各地から沢山の人足が集められ過酷な労働が強いられたそうです。
労働時の事故によって命を落とす者がいたのは言わずもがな、
当時は道路が整備されているわけでもないですから、
何年かの年季が明けて故郷に帰るのも命がけだったとか。

コピー ~ RIMG4453
それでもこの巨大な仏様の完成した姿を見る事が出来た人々は、
幸せだった事でしょう。
自分達の労苦が報われたと感じだ事でしょう。
合掌

コピー ~ RIMG4460
脇も大迫力!

コピー ~ RIMG4472
はぐれたようにぽつんと....
近寄ってくるでもなく....
鳴くでもなく....
コピー ~ RIMG4479
二月堂であります。
ここにも修学旅行で来たような...
夢でも見たような....
しかしながら、実物と夢の中の二月堂はかなり様子が違っていて、
なんだか不思議。

コピ<br />ー ~ RIMG4485
二月堂にて、少し残る酔いと歩き疲れで睡魔に襲われたのでした。
数十分仮眠、目を開けたらこの夕暮れ前...

コピー ~ RIMG4505
大仏殿の裏側、雨上がりに静かな時間が流れていました。

コピー ~ RIMG4518
キタ~~~!

コピー ~ RIMG4521
木漏れ日までも神々しい!?

コピー ~ RIMG4526
自分であぶりたれにつけて頂くみたらし団子!
疲れた体には甘味が効く!

つづく

2009秋 奈良の旅 脳内も時空を越えた その壱

今年の秋旅、奈良2泊3日を満喫してまいりました。
以前ちょいとご紹介した通り、
奈良の大仏の建立に関わった民の本や、
蘇我入鹿関連の本を読んでいきましたので、
実際の土地土地を目の前にし、
脳内劇場では、

『大仏物語~奈良のワーキングプアー達』や、
『実録645年の惨劇、入鹿昇天』

などなど勝手に上映されたりするという楽しさ!?

数回にわたりそんな模様をお送りしていきましょう。

初日は3日間の天気予報を検討した結果、
斑鳩と奈良町のセットで周ることにしました。
さてさてどんな旅になったでしょうか?

コピー ~ RIMG4213
出発は6時代の新幹線、
ボーッとしてましたが、
それでもお腹はすくのです。
こちら、”駅弁女王”さんがプロデュースした、

"JTB時刻表祝1000号はっこう弁当”!

謂れはさておき、
中身は全てに醤油味噌をはじめ、
醤(ひしお)などの発酵した食品が使われています。
皆さん!これ絶品です。
限定商品だと思われますので、
東京駅で見かけたら是非!

コピー ~ RIMG4244
で、ビューンと飛んで奈良に到着、JR奈良駅から大和路線20数分で法隆寺前に。
そして、レンタサイクルで法隆寺へ!

こちら金堂であります。

思えば中学の修学旅行以来だから、数十年ぶり!
相変わらず修学旅行の子供達があふれんばかり。
(ここが一番多かったかな。)
釈迦三尊像もそんな子供達に押されるような形で、
ちらっと見れただけで残念。
次回は早朝に来てゆっくり周りたい!

さて、夢に何度か出てきたのはここかいな?

コピー ~ RIMG4246
こちら五重塔。飛鳥時代建造という事になっていますが、
いまだ諸説あるようで、そんな謎にまた惹かれます。

コピー ~ RIMG4226
お昼は近鉄奈良駅前で買っておいた、柿の葉寿司。
優しい酸味が食欲をそそります。

コピー ~ RIMG4249
こういった築地塀?土塀?が脳内を聖徳太子の時代へとトリップさせます。

コピー ~ RIMG4269
ご存知夢殿。
ここに斑鳩宮があったという事ですから、
ここで山背大兄王が入鹿達に......悲劇の場所であります。

コピー ~ RIMG4271
こちら半跏思惟像で有名な中宮寺。
残念ながら撮影は出来ませんでしたが、
その前に正座すると、とても穏やかな気持ちになります。
中坊時代の奈良も良かったですが、
大人になってから旅する奈良はまた格別ですね。
もっと早く来れば良かった。

コピー ~ RIMG4277
国宝だけではありません。

コピー ~ RIMG4285
奈良というのはこんなにのどかな場所だったんですね。
修学旅行時はバスで周ったので、気づきませんでした。

遠くに見えるは法輪寺。
この後、法輪時と同様に山背大兄王が建立したと伝えられる、
法起寺を周って、奈良市内へと向かいました。

コピー ~ RIMG4295
(秋だねぇ..鈴虫が鳴いてます。)

コピー ~ RIMG4332
町家を改装したお店が並ぶ奈良町へ。
この奈良町、気にいりました!
建物の風情も良いし、
並んでいるお店がいちいちこだわりがあってセンスがナイス!
ちょっと驚きました。
吉祥寺と少し雰囲気が似ているような。
こちらのカフェは”カナカナ”。

コピー ~ RIMG4352
そのカナカナのお座敷で頂くセットはヘルシーで美味!
ちなみに、メインはかわはぎをトマトスープで煮込んだもの。
特に女性にお勧め!

コピー ~ RIMG4362
はいはい夜も深くなってまいりましたが、
猿沢池付近のお土産屋さんにはまだ子供がいっぱい。
親元を離れ友達達と夜の自由行動、
むちゃくちゃ楽しいんだろうなぁ...

というわけで、かみさんとぼくも奈良初日を満喫、
ホテルへと向かったのでありました。

つづく

サポートバンドde主役ライブ

一昨日、ヤマハのリフラ・プラスはじめ数店合同での発表会がありました。
場所は池袋のamluxホール。(なかなかに立派なホールでびっくり。)

この日は生徒さんが講師のサポートバンドに一人づつ参加し、
主役になって演奏するというもの。

ぼくもエリック・クラプトン役で、
『I SHOT THE SHERIFF』
(以前から歌いたかった曲。ラッキーでした。)

ジョン・レノン役で、
『TWIST AND SHOUT』
(講師演奏だったので、マイクスタンド振り回しちゃいました。)

フィル・コリンズ役(コーラス)で、
『EASY LOVER』
(これはぶっつけ本番で難しかった...)

の3曲を歌ってきました。

可愛かったのはキッズドラムを受講されている、
お子さん達のドラム。
ちょいとドタバタしながらも小さな体でドラムを叩く姿は微笑ましく、
そんな中にもびっくりするくらい上手な子もいて、
将来楽しみと喜ぶ親心も伝わろうかというプレーぶりでした。

(昨日は同じ場所で生徒さんバンドで発表会が行われました。
ぼくは参加しませんでしたが、みんなうまく出来たかなぁ?)

これから年末年始にかけて、
各会場で発表会ラッシュとなります。
皆さんが主役、はりきっていきましょう!

コピー ~ RIMG4209
(生徒さんがドラムを叩き、
メインボーカルは山路講師にて”EASY LOVER”を歌うの図。
それにしても背景の模様ったら...)

爆裂爛漫娘だぁ!

ライブ情報
Mails live at 大森 Sound Bar B1
11月6日(金)
OPEN/START 18:00/20:00
ミュージックチャージ2,000円(ドリンク込み)
品川区南大井5-23-8第6ハネビル B1
TEL03-3764-7098
====================================
爆裂爛漫娘だぁ!

減量してTシャツ姿でレッスンにのぞむぞ!
と鼻息荒く宣言していた私、(してたか?)
ひとまず昨夏に比べ5kg減に成功し、
今夏は公私共に(?)ほぼTシャツ姿で過ごせたのでした。

そんなんで久しぶりにTシャツを何枚か購入しまして、
その中で一番のお気に入りだったのが、
こちら!

コピー ~ RIMG4167
(祭りだ祭りだぁ!のバックプリント)

RIMG4169.jpg
(ちょっと抑えたフロント)

ブランド名は"爆裂爛漫娘”。(すっすごい...)
このブランド、北斎や国芳、
光琳などの和的なものをベースにデザインされているのですが、
他の和物ブランドのちっとやりすぎで品がなかったり、
そのまんま過ぎて面白みの無いものと違って、
色づかいやちょっとしたところが現代的でカッコよく、
着ていて楽しいのであります。
(元気あり過ぎて好き嫌いはあるだろうなぁ...)

人気のデサインは早く無くなってしまうため、
既にロンTも2枚ほど購入しました。
この秋のイベント、ライブ等でお披露目いたしやす。

しかし食欲の秋、美味いものの誘惑があちこちに....
あぶないあぶない...
ロンTって結構お腹目立つんだよね...

RIMG4170.jpg
(歌川国芳からアイデアを得た、"猫”です。)

FC2Ad