平成永世まんだら  

日々のつぼ

結局オレが一番ひきずっているのか?? 春休みに思う

SABA活動再開も来週からだし、
恒例の坂道シリーズ作成も少しだけ余裕があるし、
桜ももうすぐ満開だし、
サッカーも代表ウィークで殆ど放送が無いし、
なんだかんだが少し落ち着き、
また来週からなんだかんだが始まるというわけで、
昨日からちょっと春休み気分のわたし。

で、少し古い話でなんですが、
3月21日にフルアム(現在9位)との試合に2-0で敗れた、
マンチェスターユナイテッド。(まだ1位)
その前節のリバプール戦の敗戦に引き続きの連敗。
この2連敗ってほんと何年ぶりかだそうで、
新参者のぼくはが経験するのはもちろん初めて。

で、問題はこの日前半のユナイテッドの戦いぶり。
ぼくが愛するスピード感あふれ攻撃的でなおかつ守備の連携もスムーズで強い、
世界王者のそれとは...全く違って、

なんていうかなぁ....

一週間前に、ずっと想い続けていた相手とやっと食事までこぎつけたのにもかかわらず、
2回目のデートで告白して見事にふられた青年Aと、
同様の傷心を抱えた11人の男達っていうの....??(わかります?)

とにかくパスはつながらないし、
いつも献身的なプレーで困った時にはなんとかしてくれる、
韓国代表パク・チソンの動きでさえ精彩をかき、
ベテランのスコールズにいたっては相手ゴール前で両手挙げてボールを防ぎ、
1発レッド。それも開始早々。
(だからこの日はほぼ10人の傷心の男達)

とにかく全てがちぐはぐ。
一時ボールの支配率が70%対30%となり、
これって普通はユナイテッドが70なんだけど、なんと逆。

とにかく戦うための芯が心に無い感じ。

後半になり温存していたルーニーを投入。
おそらくハーフタイムでのファーガソン監督の檄もあり、
動きは随分良くなったのですが、
時すでに遅し....
(そのルーニーまでも審判のいる方向に、
ドッチボールのようにボールをおもいきり投げて退場。)

とにかくリバプール戦での大敗が尾をひいていたわけで、
サッカーに限らないのかもしれませんが、
メンタルが人の動きをここまで左右するのかという...
それはちょっと衝撃的なほどで....

しかし、しかしですよ、
このままで終わるはずがないのです。

皆さん、思い出して下さい!
WBCのイチロー、
決勝戦での打ったとたんに伝説となったあのヒット。
そでまでの不調で心が折れそうになりながら、
(おそらく”傷心の青年A”寸前までいった事もあったでしょう。)
結局”もっている者”が最後に笑うという、
そういう舞台が巡ってくるのです。

プレミアリーグ制覇も勿論ですが、
是非、CL決勝でリバプールと戦い、

勝ってほしい!

そんな舞台を神様は準備しているのでは?
一連の敗戦も全てはその布石だったと、
思える日が来るはずなのでは?

イチロー、そして侍ジャパンのように。
スポンサーサイト

房総春旅 鋸山の大仏はでかかった!~敗戦の傷心は癒された?

いやあWBCですねぇ!
村田の離脱は痛いですが、
広島の栗原の招集を喜んでいる"でたん”の面々の顔なども脳裏に浮かぶわけで、
とにかくアメリカ戦です!

で、先週予告した、

”房総春旅2009 鋸山の大仏はでかかった!~敗戦の傷心は癒された?”

をお送り致しましょう。

コピー ~ RIMG2957
(今年の房総は特急さざなみで東京から1時間30分、
保田の海岸散歩からスタート、早くもよい感じの親子、のんびり気分です。)

コピー ~ RIMG2972
(歩くこと1時間弱で鋸山の日本寺に到着。
ここは奈良時代の僧・行基によって建てられたもの。
僕は初めてだったのですが、千葉の皆さんは遠足でよく行ったという事です。
ちなみにこの大仏、高さ日本1なのでした。)

コピー ~ RIMG2980
(圧巻の千五百羅漢のごく一部、積年の風雪により形は皆少しづつ崩れているのですが、
それが時の流れを感じさせ味わい深いのです。)

コピー ~ RIMG2987
(名づけて”のぞき地獄”。ちょっとねえ高くてねぇ....もぞもぞします。)

コピー ~ RIMG2992
(でも眺めは素晴らしい!登ってきて良かったぁ!)

コピー ~ RIMG3005
(崖をくりぬいて安置された百済観音。ここは何処?)

コピー ~ RIMG3073
(浜金谷駅方面に下山し、今回の宿泊地”お宿ひるた”のある安房勝山へ。
そして宿の目の前、安房の春の"夕日カクテル”でございます。)

コピー ~ RIMG3112
(食事は新鮮な魚が次々と。そして伊勢海老。動いてました。)

コピー ~ RIMG3128
(翌朝、宿のそばにある大黒山に登ります。
余談ですが、急な丘道を登っていると、
”ルーニーだったらさくさく登っていくのだろうなぁ”
といった想念が時折インーサトされ前々日のマンUの敗戦を思い出し、
もんもんとした気持ちになったのでした。
なんと昨日も負けてしまった、マンU....。
早く立ち直ってくれ~~~!)

コピー ~ RIMG3153
(大黒山のふもとのお寺、ここでお茶とお菓子をもらちゃいました。)

コピー ~ RIMG3167
(勝山漁港のこんぶ達です。)

コピー ~ RIMG3172
(春だねぇ..)

コピー ~ RIMG3176
(トンネルを抜けると....)

コピー ~ RIMG3179
(岩井袋漁港、人もほとんどいません。
あぁ旅だねぇ..)

コピー ~ RIMG3188
(こっち向いてよ!)

コピー ~ RIMG3193
(勝山から電車に乗って浜金谷へ。
ここは知る人ぞ知る”さすけ食堂”。新鮮なアジがばかうま!
ぼくはなめろうにして頂き、あまりの美味に思わず声がでました。)

コピー ~ RIMG3192
(これもこのお店の名物かじかという海藻を麺に練りこんだ”かじかラーメン”。
さっぱりして美味、ぬめぬめ感が体にも良さそうです。)

コピー ~ RIMG3203
(金谷港からフェリーに乗って久里浜港へ。
で、この時点でもマンU敗戦のショックが消える事はありませんでしたが、
それより何より春満喫でございました。
今度は何処へ行きまひょか?)

房総へ向かう車中にて敗因を妄想する

なにもそろって、1ー4なんてスコアで負けなくてもいいのに…。
ジュビロはまだしも、マンUまで ...。
相手はリバプール、宿敵にしてマンU、バルセロナと並び今期ヨーロッパ最強の呼び声高いチーム。
まあやられても仕方ない相手ではあるのだけど、久しぶりの負けにまだ気持ちの整理がつきません。
この対戦、チャンピオンズリーグでももう一度くらいあったりして。
実は今期3敗中2敗がリバプール戦。
次は絶対勝て~!
しかしジュビロと同スコアが気になります。
まさか~オレのせい?

房総へ向かう特急さざなみの車中、携帯にて記す

awa1.jpg
(今回の春の房総旅の模様は近日中に大公開予定!これは安房勝山の絶景夕日)

SABA 其の壱 ライブ どうもありがとうございました!

昨夜吉祥寺スターパインズカフェで、
SABAの初ライブが行われました。
会場には沢山のお客様にお越しいただきました。
ありがとうございました!

ぼくも10年ぶりのバンドという事で、
ちょっとバタバタしてしまった部分もあった気がしますが、
ステージ上にぼく一人でなく、
他に二人も仲間がいるというのは心強いもので、
バンドっていいなぁとしみじみ思ったのでした。
(コンサート前メンバーにつられて久しぶり一杯ひっかけちまいました。
う~ん歌う前の"適度”なアルコールも悪くないねぇ..?)

今回は弾き語りの曲をアレンジしてお送りしましたが、
今後は新しい”SABAの曲”をどんどん増やして、
SABA道を極めるべく頑張っていきたいと思う次第でございます。

今後もごひいきのほど宜しくお願いします!
SABA1.jpg
(歌う永世)

SABA2.jpg
(弾く村上)

SABA3.jpg
(叩く中井)

SABA4.jpg
(男40代の2ショット)

SABA5.jpg
(男40代揃い踏み)

3月10日(火)SABA LIVE 其の壱!!

ライブ前のリハも金曜日で終わり、
その後”すずめのお宿”で、
最終確認をバンドメンバー及び生ビールと共に行い、
残すところは...個人的にはまあまだ幾つかあるのですが、
とりあえず、火曜日の本番です!

数えてみれば、単発ではないバンド活動は驚く事に10年ぶり!
いやあ長い事一人でやってきたんだなぁとしみじみです。

皆様、知人友人ご家族親類縁者恋人同僚などなどお誘い合わせの上、
"SABA”ライブへお越し下さい!

SABA 其の壱
3月10日(火曜日)
吉祥寺スターパインズカフェにて
open:start 18:30/19:00
出順4バンド中4番目
21:20頃SABA出演
前売り2,300円当日2,600円
*当日20:45~21:15に前売り券の販売を行いますので、
ご希望の方はご連絡下さい。

”故郷のチームを応援する人生”&SABA LIVEまであと10日

昨日、友人バンド"でたん”のライブ後の打ち上げで、
本物のサッカー通であるOさんとサッカー談議。
彼は某J1チームを大手出版社から独立して、
フリーで取材し続けるライター。
筋金入り中の筋金入り、サッカーのプロだ。
すなわちぼくがサッカー談義というのもおこがましく、
色々と教えて頂いたと言ったほうが正しい。

そこで彼に薦められたのが、
”ジュビロ磐田を応援するという人生”

マンUを昨年から応援し始めたぼくは、
ほとんど”負け”を知らない。
だって、目覚めたその年に、プレミアとチャンピョンズリーグ、
そしてクラブワールドカップで優勝、
今年もリーグでトップを激走、止まるところを知らないんだから。

そんなマンUファンのぼくは、
”勝つ”カタルシスしか知らず、
サッカーを見ている。
別の言い方をすれば、
おそらく”勝つ”事を前提にサッカーを見ている。

しかし、1チームをサポートする醍醐味というのは、
そういう事では無いとOさんは言う。

ジュビロはぼくの出身地のクラブ、
すなわち応援するメンタリティーが血に刷り込まれている。
それは抗いようの無いもの。
また、地元にクラブチームが無い人達の事を思えばそれはとても幸せな事だと。
(オリンピックで日本を、高校野球で静岡を応援するメンタリティーと同じ。)

そして、ジュビロの優勝への道のりは激しく激しく遠い。
今年はJ2降格の恐れも。
そう負けるのである、きっと。

何敗も何敗も。

それでも応援してしまう自分。
自分と向き合い何故そんなチームを応援するのかという自問自答の繰り返し。
どうしたらこのチームが勝てるのかと脳内でシュミレーションを繰り返す回数は、
マンUとは比べものにならない。

しかし、そんなチームが勝った時のカタルシスたるや....。

というOさんの言葉を聴いていると、

ちょっと覗いて見ようかという気にもなってくる。
”ジュビロ磐田(故郷のチーム)を応援するという人生”も。

===========================
SABA 其の壱
3月10日(火曜日)
吉祥寺スターパインズカフェにて
open:start 18:30/19:00
出順4バンド中4番目
21:20頃SABA出演
前売り2,300円当日2,600円
*当日20:45~21:15に前売り券の販売を行いますので、
ご希望の方はご連絡下さい。

FC2Ad