平成永世まんだら  

日々のつぼ

まだまだ知らない事ばかりで....

だいたい、渋谷に20年以上出入りしているのに、
”のんべえ横丁”の存在すら知らなかったのです。
そこに、こんなに"凄い”焼き鳥屋があるなんて....。

その名は"鳥重”。

狭い店内のL字カウンターに肩寄せ合い座る11人。
まずは大根おろしにうずらを落としたお椀。
そして一人で切り盛りするおかみさんが、
注文をとってくれます。

しかし!

ここで一人で5本も6本も注文しても駄目です。

おそらく断られます。

何故って、串の1本1本がものすごーく大きいのです。
ぼくは連れて行って頂いた方と二人で4本。
もうこれで十分。

内訳は、

○レバー、とろとろでございます。
○はつ、一個一個が心臓まるごと。合掌しながら悶絶です。
○合鴨、表面カリカリ中レア、本物の鳥を食べてる実感。
○しり、そんじょそこらのボンジリと迫力が違います。
これと大根おろしの相性が良。

加えてささ身とレバーのお刺身。

このレバーをごま油をちょいとつけて口に放り込むと、
あ~らあら不思議、今まで経験した事の無い美味しさが広がります。
臭みや重さは無く箸がどんどん進みます。
これは食べなきゃぁ駄目です。

最後に、スープを最初に頂いた大根おろしのお椀のに注いでくれます。
これがまたさっぱりで美味しく、
胃がす~っと軽くなっていきます。

最後にお勘定でまた衝撃!
我ら上記のものにビール2本、時間にして2時間弱で終了。
(6時と7時半と9時の交代制です。)

そしてお値段は一人 1800円!!!

おそらく同じものを高級店で食べていたら、
この何倍になることでしょう。

そしてここのおかみさんの人柄が素敵です。
このおかみさんと言うよりお母さんです。
なんというか...
もう文字にするより皆さんに体験して頂きたいお店です。

とはいっても飛び込みで入れる店ではないので、
数ヶ月先とは言いませんが、
予約をして入れるのは数週間先になるかと。

torishige.jpg
(bigな”はつ”でございます。上記"鳥重”をクリックすると、更なる情報が。)
スポンサーサイト

中華街にリベンジ!

高い金出して食べたものが期待はずれだった。
これってかなり切ない。
そう、昨年12月のかみさんに祝ってもらった誕生日で食した、
中華街某有名店のコース料理。
これがまさにそれに当るものでブログでお知らせした通り。

そこで!!

食いしん坊夫婦の我々は、
中華街にリベンジすべく(リベンジの使いかたがおかしい)
昨日、昼夜中華街食べ歩きを決行したのであった!!

まずは昼食、前回の某店に並ぶ中華街有名店で薬膳風のコース。
これはかみさんが以前食べ美味しかったという事で、まあ安全牌。
まずは前回生じた中華街のマイナスイメージを払拭にかかったのであった。

china.jpg
(今回行った某店、夜の風景。分る方はわかるでしょう。)

CHINA2.jpg

薬膳風コースはどれも一工夫あり、あっさり目で美味。
この写真はデザートの杏仁豆腐にかけるシロップ。
これが酸味と甘みのバランスが良く、
ちょっと病みつきになりそう。
まずは満足。

その後チャイハネでステージ衣装など物色して、
悟空茶荘で中国茶に舌鼓。

CHINA3.jpg
(茶器がなかなか可愛い。)

そして夜!
路上で食べ歩きの開始である。
あっ、ちなみに豚まんの。

CHINA4.jpg

ここは昼間から行列が出来ていて気になっていた、
『雅秀殿』
ここの豚まんはなんといっても、
その生地のふわふわ感が素晴らしく、
それに豚やらなにやらが包み込まれ、
口の中でやさしく溶け合っていく感じがGOOD!
一つ350円をかみさんと分け合う。

CHINA5.jpg

2軒目。こちら中華街に何店舗もあるのは皆さんご存知の通り。

CHINA6.jpg

中の餡はシンプル、肉とにら(?)が主で、
肉の美味みが良く出ていてGOOD!
ここは一つ90円の小さいな豚まんで一つづつ食す。

CHINA8.jpg

こちらは箸やすめに食べたシュウマイ。(箸やすめの使いかたが間違っている。)
これがねぇほんと生姜が利いて美味しかった。
1個100円をわけあう。

CHINA7.jpg
(シュウマイはこちらのお店でどうぞ。)

で、最後はこちら。(というか結果的に最後になってしまった。)

CHINA9.jpg

でででっかいでしょう。
一個500円をかみさんとわけあったのだが、
これがちょっときつかった。
大きな上に生地はパサパサしているし、
餡も凡庸。
あえて名前は伏せますが、
名前に上に胡坐をかいている感じが....

さすがにこれだけ肉を食べると胃はもたれ気味、
この後、軽く中国粥を食し胃をおちつかせ家路についた。

というわけで最後の豚まんを除けば満足のいく”食べ歩き”ではあったが、
"食べ歩く!”と豪語するほど我らの胃は若く無い....
という現実を痛感する一日でもあった。

ここ数日は低カロリーで...。

3月10日(火曜)は吉祥寺へGO!!

昨年の6月以降、気管支喘息が発病しての通院生活。
ここにきてやっと症状も落ち着いてきました。
そして、一年ぶりのライブ!
なんと今回はバンドでございます。
メンバーは10数年来の仲間達!

詳細はまだでていませんが、
とりあえずはこちらをご覧あれ!

3月10日(火曜)吉祥寺スターパインズカフェ

ゲバラは"LOVE”だった 

昨年キューバを旅した私
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの映画が公開されるならば、
"行かない”というオプションは無いわけで、
昨日2部作の前半、

『チェ 29歳の革命』

を見に行ってまいりました。

CHE.jpg

結論、

良いです!とっても。

今まで文章や写真、短いニュース映像でしか知らなかった、
その人と姿がその匂いさえともなって迫ってきます。
クールで淡々としながらも、
見ているうちにじわじわとゲバラその人に引き込まれて行く、
監督のスティーブンソーダバーグの流石のセンスにも感謝。

そしてカンヌで主演男優賞をとったゲバラ役、
ベニチオ・デル・トロの演技はすさまじく凄い。
革命への抑えた激情とでもいいましょうか。
いやあ惚れました。

ゲバラの言葉、

”真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。
人間への愛。正義への愛。真実への愛。
愛のない真の革命家を
想像することは不可能だ。”

って、もうほとんどジョンレノンで、
その彼の信念の元にカストロと共に革命を成功させ、
作りあげた現在のキューバ。
(ジョンはゲバラを”世界で一番かっこいい男”と称したそうです。)

ハバナの貧しくとも、
なんとものんびりと楽しそうで、
ダンザブル!!な人々を思い出すと、
彼流の『LOVE』になるほどと、
うなずきたくなるのでした。

勿論、今月末公開の『チェ39歳別れの手紙』も見に行きます!

全く関係ありませんが、
この週末2位のチェルシーを3-0で制したマンU!!
このままリーグ優勝だぁ!
現在1位のリバブールとの直接対決が楽しみ、だぁぁっ!

謹賀新年!食べてしまったたものは仕方が無い

謹賀新年!
あけましておめでとうございます!
本年も"平成永世まんだら”お願い致します。

という事で、明けて4日、明日からお仕事という方も多いのでは?
わたくしも本日から色々と仕事の準備を始めた次第でございます。

さて、暮から年始にかけて、忘年会に始まり、
正月の実家めぐりでは上げ膳据え膳、

蕎麦食って飲んで餅食って飲んで餅食って飲んで
おせち食って飲んですき焼き食って飲んで
ピザ食って飲んで鍋食って飲んで
合間合間に甘いもの食ってそして.....

溜まっているであろうコレステロールに、
時に命の危険を感じるほどでありまして....

当然ここ数ヶ月で減らした体重も戻ってるんだろうなぁ....

怖くて乗れない体重計..

明日から減量開始でございます。

FC2Ad