平成永世まんだら  

日々のつぼ

永世演唱会 『お花見セット』行われる!

桜満開で迎える初の昨日の日曜日、
”永世演唱会”『お花見セット』
が吉祥寺スターパインズカフェで行われました..っていうか行いました。
本当に沢山のお客様にご来場頂き、

ありがとうございました!!

starpines
(ながさん撮影)

個人的には久しぶりに"緊張するライブ”で、
反省点満載となってしまいましたが、

それもまた人生!

まだまだ未熟者の私は、
次のライブに向かってまた日々研鑽を積んでいこう!と、思っているわけですが、

皆様が”何か”を持って帰って頂けたかどうかが一つ気がかりです。

何人の方からは感想を頂いていますが、(ありがとうございました!)
是非メールなどで送って頂けると嬉しいです。

hanami
(雨が落ちてくるまでは凄い人出の井の頭公園でした。)
スポンサーサイト

永世演唱会 『お花見セット』 最終告知!! つり銭不足篇

いよいよ明日ライブ本番です!

で、昨夜、店頭で取り置きチケットを販売する際必要になる小銭を用意しようと、
銀行のATMを訪れたところ、
両替機の前には

"使用出来ません”

のメッセージが....

これってもしかしたら、月曜日まで使用出来ないって事ぉ?

というわけで、泣いても喚いても仕方ありません。
私の無知が不幸を招いたのです。
とりあえず昨夜はコンビニで1000円分の小銭への両替を頭を下げ敢行し、
ライブまでに出来るだけの小銭をかき集めようと思っていますが、

取り置き、もしくは前売りチケットご希望の皆様!

"小銭が不足しております。出来るだけおつりの無きよう宜しくお願い致します。”

大変申し訳ありません!

=====================
永世演唱会
『お花見セット』

『お花見セット』の内訳はこちらをクリック!

2008年3月30日(日)
at 吉祥寺 Star Pine's Cafe 
開場12:00 開演12:30
3番目13:50ごろより
前売り2,300円 当日2,600円

なお、前売り取り置きご希望の方は、
当日会場の入り口付近にて、13:20~13:50に販売しますので、
その時間にお越し下さい。
前もってご一報頂けると助かります。

『永世演唱会』 桜咲き、鬼太郎終わり、アーセナル負け、キューバを探る

墓場鬼太郎の最終話に登場した1000年に一歩進む”何者か”に感嘆し、

イギリスはプレミアリーグの首位攻防戦に興奮し、
(最近サッカーLOVEなのです。いずれまた。)

オリバー・ストーンがキューバのフィデル・カストロにインタビューをした映画『コマンダンテ』を観て、
”もう一つの正義”に懐疑的ながらも興味を持ち、
カストロの人間的魅力に惹かれ、
その映画を上映拒否した某U○Aに落胆し、

BS朝日で5回に渡って放送された、
アイリッシュミュージックの特集番組のマニアックな作りに感心し、

井の頭恩賜公園で一輪の桜が花を咲かせたこの週末が明け、

いよいよ一週間を切りました!

=====================
永世演唱会
『お花見セット』

『お花見セット』の内訳はこちらをクリック!

2008年3月30日(日)
at 吉祥寺 Star Pine's Cafe 
開場12:00 開演12:30
3番目13:50ごろより
前売り2,300円 当日2,600円

なお、前売り取り置きご希望の方は、
当日会場の入り口付近にて、13:20~13:50に販売しますので、
その時間にお越し下さい。
前もってご一報頂けると助かります。

してきはるうた

永世演唱会まで数えるところ後2週間ほどとなりました。
皆様におかれましては、チケットの購入、予約などもうお済でしょうか?
絶賛発売中ですので、直接私に、またはメールなでお知らせ頂ければ、
決して悪いようには致しませんので宜しくお願い致します。

さて、今回のテーマは『お花見セット』でございまして、
内容のほうは

"私的春歌"

とでももうしましょうか....
と、....こここまで書いて気づいてしまいました。
自分では、

"春の歌”

のつもりで、

"春歌"即ち”はるうた”

としたのですが、

これは全国的にはどうみても

”しゅんか”

ですよね。
"しゅんか”と言えば...とふっておいて、
何やら固有名詞が出るほどその道に明るいわけではありませんが、
まあ”艶っぽい歌"っちゅう事ですね。
まあここで具体的に単語を並べると、
皆様のPCに届く前にハジかれるてしまう可能性もありますので、
(オフィスのPCなどでは。)
ご理解下さい。

あらぬ誤解を受けるのもなんですが、
ここは一つ、”私的春歌”~してきはるうた~と、
読んで頂ければ幸いであります。

と言っても歌の中に"桜"が出て来きたりするわけではなく、
あくまでも個人的に春になると歌いたくなるという、
"春歌視点"からすると積極的なんだか消極的なんだかよくわからないわけで、まあそのぉ...

そう!これを聞き逃すとあと一年聞けない歌もあるかもしれませんよ~~~!

というわけで、よってらっしゃいみてらっしゃい!

==============

永世演唱会
『お花見セット』

『お花見セット』の内訳はこちらをクリック!

2008年3月30日(日)
at 吉祥寺 Star Pine's Cafe 
開場12:00 開演12:30
3番目13:50ごろより
前売り2,300円 当日2,600円

なお、前売り取り置きご希望の方は、
当日会場の入り口付近にて、13:20~13:50に販売しますので、
その時間にお越し下さい。

春ののんびり絶景旅 海鮮しゃぶしゃぶ付

今年の春旅、(一昨年は房総、昨年は引越し?)
一泊二日で伊豆高原に行ってまいりました。
わたくし静岡出身ではありますが、伊豆というと殆ど他県。
しかも伊豆高原は初旅。
旅のメインは宿で、

八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里

敷地はちょっとした村のよう。
施設はまだあたらしくて綺麗。
とにかく部屋が広くて、びっくり。
キッチンさえあれば十分に”住める"広さでありました。
コタツなんぞもあって、和み度は満点。
皆様一度お試しあれ。

そんな春旅、画像も交えてお楽しみ下さいませ。

furo
(部屋から見えるのは...お風呂。部屋は"離れ"で家に帰るようでありました。)

jizou
(敷地内のお地蔵様でございます。さて何をお祈りしよう?)

meshi
(2種類のコースから選んだ海鮮しゃぶしゃぶ!蟹さんが...うま~い!)

ki1
(二日目は雨..そしてなんとか曇りへと..。おそらくこの地を訪れた人ならば、
必ず訪れるであろう国定公園に指定されている城ヶ崎海岸。
樹木もどこか南国風。)


ki2
(木からぶら下がる木?お前!どこの妖怪だ!)

zekkei
(おお!日本の絶景!横山大観的世界。)

RIMG1079.jpg
(そしてここでは何度も殺人事件が。。。。但し二時間ドラマ内で。これほんとの話)

RIMG1090.jpg
(LOOK!木が石を喰らっております。蓮着寺にて。)

RIMG1096.jpg
(河津桜。春だねぇ...)

RIMG1112.jpg
(散策の拠点、海洋公園のバスターミナル。
"この人が居ない感”がたまらないのでした。)


RIMG1114.jpg
(そう。誰も居ない.....)

行かずに死ねるか!(キューバ篇)

かつて(今でも?)内藤陳氏

「読まずに死ねるか!」

と吠え、ぼくはと言えば、

「聴かずに、看ずに、とか諸々せずに死ねるか!」(欲張りだ)

グダグダ言いながら日々を送っているわけですが、

誰しも「行かずに死ねるか!」
という場所の1つや2つある事でしょう。
ぼくの場合は、

キューバ  

であります。

発端は20代中盤から30代にかけてはまりにはまったラテンミュージック。

その2大代表選手と言えば、

ブラジリアンミュージック!と、(ブラジルも行かずに死ねるか!)
キューバンミュージック!

共に悲喜劇の渦の中で生まれたコロニアルミュージック。
アフリカンビートとヨーロピアンミュージックの融合により生まれた、
大衆音楽の成熟形。
(そんな南米・カリブの音楽を自分のバンドにもとりいれ活動してました。)

そして今年、その積年の夢を果たすべくキューバの下調べを始めました。

しかしながらこのキューバ、
かなりの難所であることが除々にわかってきました。

知り合いに”旅の達人”がおりまして、
(キューバには一ヶ月滞在、おそらく何度も)

氏、曰く、

ここは他のどの国よりも旅がしずらい。

共産圏でスペイン語圏、看板など無し、(あっても意味わからんけど)
情報伝達はほぼ口伝え、飯は不味い、すられてぼられて当たり前、
とにかく観光客が行くような場所にリアルな物は無し。
歩いていれば何かが見つかる...という事はな無い。

それが少しづつ見えてくるのは一ヶ月経ってから。
でも、そこから出会えるものは素晴らしく、
本物の音楽を演奏している場所で涙を流し、
路傍の屋台の小汚い皿に盛られたソウルフードに舌鼓をうつよになるとかetc.

なら数日しか滞在出来ないわしゃぁどうしたらええねん!
と、吠えたくもなりますが、

とりあえず”達人”が紹介してくれた、
キューバ専門のトラベルコーディネーターに連絡をとってみようと思っています。

ちなみにくだんの達人、
インドへ一ヶ月の旅へと向かうそうです。
ああ、なんとも羨ましい..。

FC2Ad