平成永世まんだら  

日々のつぼ

梅雨時の或る一日を、行く末を思いながら振り返る

もう7月も終わりですねぇ。
あっという間に8月。。。な~んて言ってる間に気がついたら、
クリスマスだったりするんだからまいっちゃう。

気をつけないとあっという間に...という事になりそうで、
ああ、くわばらくわばら。

ってなわけで、いったい昨日の休日をどう過ごしたかと振り返ると....

基本的には休養日と決めたのでありますが....

昨日は晩御飯作成担当であった為、
なんとか雨が降る前に買い物を済ますべく、
午前11時前にチャリを西友に走らせ、
豆腐やほうれん草、吟醸酒諸々を猛ダッシュで購入し、
(昨夜のメインは静岡の田舎から届けられた鰻!)
その足で図書館へ向かい、
夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』の1,2巻を借り、
パラパラと雨が降り出したところで、
家に飛び込む。
数分後には土砂降り。
ほっと胸をなでおろしたのであります。

午後は何をする気力も出ず、読書したり昼寝したり...
(宮部みゆきの『孤宿の人』読了。最後泣く。星三つ)
で、夕方晩飯作成にとりかかり、かみさん帰宅とほぼ同時に夕餉。

その後もだらだら過ごしていましたが、
午後10時過ぎに少しだけやる気が出てきたので、
スタジオに籠もり、ちょいとオリジナルのアレンジ作業。
(そう!随分使えるようになったんですよ、DTMソフト!)
しかしながら色々試しているうちにアイデアにつまり、
関係の無いサルサ系のループを作成。
25時頃、密室で一人ノリノリになったところで、
そろそろヤバイなと就寝。

というなんとも計画性のあるような無いような、
休養日のわりには"活動した”感があるよな無いよな梅雨時の一日。
まあ、転じて今日はちょっと"頑張る日"にしようと誓う午前11時なのでありました。
(朝、掃除洗濯を済ませ良いペースなのです。半主婦&ミュージシャンだね、殆ど。)
スポンサーサイト

減量..出来んのか?!

「試合をする時は、自分の標準体重から5kg以上減量して、
一つ下の階級で出場するんですよ。」

昨日の"戦う美容師、フジモト"さんとの会話。
彼は総合格闘技のジムに通っている。

ちなみに、一つ階級を落とすという事は、
体そのものの力が大きく強い分、
有利なのだそうだ。

「そんな簡単に減量出来るもんなの?」

とぼく。

「簡単ですよ。トレーニングが基本で、後は食ですね。
その期間は、全く摂らないわけではないですが、炭水化物は控えます。
水絶ちをする事もあります。」

「そんなんでパワーでるの?」

「うまくやれば、脂肪0%に近づいてものかなり動けますよ」

「ふ~ん」

「ナガヨさんだって落とせますよ!
そうそう、この間、
ビリーを友達の家でやったんですけど、
なかなかいいですよ。
僕の経験上、利にかなってるし、
やってみたらどうですか?」

「もって二日かなぁ...」

「......」

というわけで、徐々に深刻な領域に向いつつある、
ぼくのメタボリカルは体....
減量というよりも、元の体重に戻す。。は無理だとしても、
近づけたいなぁ..という気持ちはある。
しかし入隊は....ちょっと....。

竹橋で沢山の決定的瞬間と遭遇する

昨日竹橋の東京国立近代美術館で、

アンリ・カルティエ=ブレッソン
知られざる全貌


を見てきました。

bresson


この人だ~れ?という方、
覚えておいて損はありません。

今は亡きフランスの大写真家にして芸術家、
瞬間を捕らえる魔術師、
そしてフォトジャーナリスト、

ん~どう言っていいものやら。。。
彼のスタイル、作品は「決定的瞬間」という言葉で表現されるのですが、
当たり前っちゃぁ当たり前。

オレやアタイやボクやアノコやソノコがデジカメやケータイで撮るのも言ってみりゃぁ、
「決定的瞬間???」????

しかしながら、この大ブレッソンの「瞬間」はけた違いに美しかったり、激しかったり、悲しかったり、思索的だったりするのです。

個人的には絵画的な美しさを持つ沢山の写真も好きなのですが、
1949年、毛沢東率いる人民解放軍に大陸を追われる蒋介石、国民党軍、
その現場を氏が撮った沢山の「決定的瞬間」に渦巻く人々の「匂い」に心揺さぶられるのでした。

興味がある方はご一報下さい。
悪いようにはしませんよ。。。?
(こちらで何枚か見れます。)

帰りは亀有に戻り一度行きたかった、
「もつ太郎」で本場博多のもつ鍋!
美味いよ~!

motsu

『フォークヴィレッジTOKYO 2007 in クラブイクスピアリ』

昨日、舞浜のクラブイクスピアリで、
『フォークヴィレッジTOKYO 2007 in クラブイクスピアリ』
が行われました。

皆さんご存知"台風4号関東直撃!?”が警戒される中、
危うく中止の憂き目にあう事も心配されましたが、
無事ミッキーやドナルドの集うお隣でイベントは開催されたのでした。

僕の生徒さんは有楽町山野楽器と、
道玄坂ヤマハから一組ずつ出演されまして、
私も皆さんと一緒にギターを持ってステージに立ったのであります。

初めてのステージで緊張したり、
ギターのアルペジオと苦闘されたり、
ハモリフレーズがうまくとれなかったりと色々あった事と思われますが、
なんのなんのまずは皆さんが楽しめていればokです。

(ちなみに僕はかなり楽しかったです。マジで。)

勿論これからもそれぞれ次なる高みを目指し練習に励んで頂きたいのです。
(もし楽しむ事が出来なかった方は、楽しめるように練習しちゃいましょう。)

個人的には.....
日本語で歌う事の楽しさを再確認したのでした。
(レッスン曲ってほぼ英語なので...。)
当たり前の事ですが...日本人なんですねぇ。
言葉が体の中をストレートに駆け抜けていく感じ。
最後のシングアウトの楽しさったら....

やっぱり紙じゃないと。。。

未だ遅々として進まない、DTM(デスクトップミュージック)関連の作業。
何が進まないって、
導入した音楽作成ソフトの使い方が未だにブラックボックス状態...。

"DTM玄人"に尋ねると、

「あれは学校で学ぶものですからね。。。」

ってマジ...?

はたまた別の"DTM達人"に聞くと、

「ああ、あれはマスターしたら、操作方法教える事で、
 お金とれますよ」

 ......。

そんなものを、オレはマニュアルが手元に無い状態で悪戦苦闘してわけ?

そう、どこを探しても無いのである。
正確に言うと、スタートアップガイドやPDFファイルのリファレンスBOOK
(専門用語が多く、現時点では大変読みづらい)はあるのだが、
所謂”紙”のマニュアル本がアマゾンの奥地でも、
其の手の専門店でも在庫切れで手に入らないのだ。
(アマゾンでは中古本に2万の高値が...)

そろそろ改訂版が出るという噂は聞くのだけれど....

あたしゃぁ、今欲しいのよ、い~ま!

というわけで、今日も又、
マニュアルDVD(は、ある)を、

途中で止めて、メモ、
途中で止めてメモ..


を繰り返しながら、
果てない作業を続けるのであった。

ちなみに、無線LANが繋がりにくくてまたこれがイライラ...。
皆様におかれてはそのあたりは問題無いのでありましょうか?

綾瀬の片隅で激安懐石に悶絶する

ぼやぼやしていたら7月になっていました。
今年もあと半分。良い感じで過ごしていきたいものですねぇ。

さて、皆さんは新聞の折込み広告ってご覧になりますか?
ぼくなどは殆ど目に入ってこないのですが、
どうやら時に素敵な情報を見逃しているようで....

女性であるかみさんは(当たり前か...)、
流石にそのあたりに抜かりはなく、

”ふぐコース 又は
 岩牡蠣コース 又は
 鴨コース   又は....

6000円のところ10月まで3000円!!

なる広告を見つけ、先週の日曜、
ぼくの目の前でヒラヒラと振ってみせたのでした。

そして月曜、
正直半信半疑で、
広告元である綾瀬の料亭、
『雪月花』へと向かったのです。

いきなりですが、
久々の驚き大満足でした。

お通しは、
冷たい梅粥、

胃が少し動きだしたところで、

◎ふぐ刺し、
◎はもの湯引き、
◎生の岩牡蠣x2
(むちゃくちゃクリーミー、今が旬!)
◎岩牡蠣の酒蒸しx2
(これは初体験。ちょっと焼き牡蠣に似たテイスト。風味が際立ちこれも美味!)
◎ふぐの天麩羅
◎鴨とごぼうの炊き込みご飯、お吸い物、香の物
(これがもう絶品。鴨の油とごぼうの香りがご飯に染み付き、えもいわれぬお味)
◎デザート

お腹いっぱいで食べ終えると、
思わず店員さんに、

「ほんとに3000円でいいんですか?」

と聞いてしまいました。

お近くの方は是非!


葛飾、足立グルメ探検隊(何時結成されたんだ?)
これからもは安くて美味しいお店を皆さんにご紹介させて頂きます!

setsugetsuka

FC2Ad