平成永世まんだら  

日々のつぼ

祝!TV設置 TV雑記号

4月に引越しをして、
ひたすら新居のCompleteを目指し、
片付けやらスタジオ設置やらなにやらを行ってきましたが、
先週全てのダンボールが開き、
やっとゴールが見えてきた感じです。

そいでもって、
古くなった電化製品の買い替えなども行い、
先週今回の目玉商品、
液晶テレビ&念願の”再生専用ではなくて、リモコン操作も快適な”
DVDを購入しました。

まあ贅沢かなぁを思ったのですが、
テレビに関しては独身時代から10年以上使用していて、
画面の色もほんのり赤みを帯びてきていたので、
引退をしてもらうことにしました。

今さらという話かもしれませんが、
いつの間にかテレビの画面は横に伸び、
画質は毛穴まで見せるクリアぶり、
DVDにいたっては、2番組同時録画可となり、
チャンネル数もうちは有料放送は入れてませんが、
画像の質が落ちる事と、
常に画面下に無料体験を勧めるコメントが大きく出る事を気にしなければ、
CS放送も視聴出来たりして、
(朝からプロレスとか若い頃のサンタナとか。。さすがに見ませんが..)
(追記、これは期間限定のサンプル視聴のようで、残念。そんなうまい話はないよな...)
まあ大変な騒ぎです。

そんな魅力的なTVなわけですが、
今回培ったFM中心生活はやはり目も脳も快適で、
続けていこうと思う次第です。

とりとめないですが、
今回のDVD機器で見た初ムービは、
忙しくて映画館に見に行けなかった
『SAYURI』と、
『硫黄島からの手紙』。

共にお勧めです。
特に"硫黄島~”は必見!(『父親達の星条旗』も早く見ねば。)
イーストウッド監督は今回も素晴らしい仕事してます。

ちなみにこの二作の"日本人を題材にしたアメリカ映画"、
ある部分がとても対象的です。
書くのは又の機会に。
スポンサーサイト

秘密の小部屋は"歌唱練習&DTM団"の巣窟だった!?

そう"秘密の小部屋”。
まあ、平たく言えば(?)、ヤマハの防音ルームを購入し、
念願のMy ストュ~ディオが我が庵に設置され、
そんならとうわけではないですが、
音楽作成環境も整えようという事で、
初Mac(iMac、メモリーは2Gに増設)及び、
某音楽作成ソフトを購入したのです。
いわゆるDTM(デスクトップ・ミュージック)であります。
(大変な出費でありまして...もう切っても何も出ません。)

そいでもって、この数日はそのソフトの操作方法を身につけるべく、
悪戦苦闘しているわけです。

いやあ、もう浦島太郎なのですよ。
僕がむか~しむか~し使っていたアナログMTR(マルチトラックレコーダー)は、
カセットテープに重ね録りし楽曲を作っていくもので、
操作方法はなんというか"見たまんま”でした。

ドラムマシーンに一曲分のパターンを入力、録音、
ベース、ギター、キーボード、を手弾きで録音、
そんでボーカルを重ねる。

全て、一本のカセットテープにです。

それがあなた、今じゃあ...

まずはソフトをインストールするのに一苦労。
(MTR以外に別会社の音源ソフトなどが同梱されているため、
いちいちCODE NUMBERとってインストール、再起動させてって作業が一日中、
翌日頭痛に苦しみました。)

そんでもって即録音出来るかというと、
なかなかそうも行かず、専門的な話になりますが、
MIDI信号が往年の名シンセ、KORG M1(15年くらい使ってます。)
から発信されなかったりなんだりで、何度ヘルプデスクに電話をかけた事か....。
とりあえず、昨夜detan@kono氏のアドバイスにより、無事MIDI信号は、
Macへ送られ、testトラックは作成出来ました。
次の課題はステップ入力であります。
(今では常識なのでしょうが、これがぼくの一番の驚きで、
"MTRなのに、シーケンサーみたいなこと出来る!"これは感動です。)

まあ最初ブラックボックスにしか見えなかった、
Mac & ソフトが、ほんの少しグレーがかってきた模様。
先は長けれど、楽しみもまた多しというところで。

それよりも何よりも何時でも大声で歌える楽しさよ...。

DTM1
(新旧M系機材Mac & M1)

秘密の小部屋...

トンカン!
トンカン!
ギギギギギギギギ----!ドン!!

今日も朝から、
我が家ではこんなサウンドが鳴り響いているのであります。(三日目)
しかしそれも今日で最後。

夕方頃には秘密の小部屋が出来上がり....
そこでは昼夜問わずその館の主の歌う声が....
しかも某ハンバーガーショップに似た名前の電脳箱が唸りを上げ、
主の錬金術により未だ人が聴いた事の無い音霊が立ち上がる....

まあそういうわけで、(????)楽しみなのです。

なんだか訳のわからない方はいらっしゃるようで、
居ないとか思われますが、(ぼくの知り合いの皆さんなら)
次回全ては明らかにされるという事で、
世炉師久!

アイルランドはチーフタンズみたいな感じです

人を楽しませるって大変な事だなぁと、
悲しませたり、怒らせたりすることは簡単なのに...

と、一昨日アイルランドからやってきた"チーフタンズ”
思いっきり楽しませてもらったぼくは思うのでした。

chieftains

場所は昨年末のケルティック・クリスマス以来、
"すみだトリフォニホール"です。

さて、チーフタンズという名前だけなら聞いたことあるという方、
いらっしゃるのではないでしょうか?
活動歴45年!
アイルランドの正式な音楽大使、
これまでに世界中のミュージシャンと共演、
チーフタンズが居たから、
現在のアイリッシュミュージックの隆盛がある。
(ぼくもアイリッシュにはまる前からCD持ってました。)

しかしながら、メンバーが高齢で今回のオリジナルメンバーは3名、
プラス若手のサポートが。。。大勢。

それでも凄いのはそのサウンドは紛れもなく、
チーフタンズのものだったという事。

アイリッシュミュージックの枠を越え、
沢山の音楽的要素を取り込んだ風通しのよい音。
肩の力は抜け自然体、
軽やかなのに深い。

聴いているこちらはたまりません。
時に、涙腺が潤み、時に楽しくてしょうがない気分になり、
時にこんな風に自分も出来たらいいなと、
ミュージシャンの耳になって一音たりとも逃すまいと音達を追いかける...

アイリッシュ・ミュージックに興味が無い人にでも聴いてもらいたい、
最高のエンターテイメントでした。
残念ながら昨日のつくばでの公演を最後にジャパンツアーは終了だそうです。

また来てれくるかなぁ....

ちなみにぼくはものすご~くアイルランドに行きたくなりました。
アイルランドの土地の空気を感じられるという部分でも
チーフタンズは一番だと思います。

そう、アイルランドはチーフタンズみたいな感じです。

多摩に棲みつく妖しの物!?

昨日、永山へ向かうべく乗り込んだ小田急線の車中。
列車は新百合ヶ丘を出てしばらく走ると失速を始めた。

そして停車。

?????

やがて車内放送。

マイクに息を吹き込むフーフーという音が聞こえる。

「皆様、お急ぎのところ申し訳ありません。
ただいまカセンにカッパがひっかかっておりまして......」

この瞬間に僕の頭の中では...
都心を離れ緑深い多摩の地に数百年棲み付く、

河川の網に引っかかった河童の姿が...

これは相当の衝撃で楽しかったのだが、
脳裏の映像はあっという間に”架線にひっかかる合羽”
に取って代わられジャンジャン。

という事で、水木しげる又は京極夏彦の世界をかなりリアルに感じた一瞬、
ありそうでない中々に幸せな体験であった。

皆様にもこんな体験が?
それとも本当に妖しき物に遭遇した。。。とか。。
例:つちのこ、ひばごん、くっし~

田無タワーはいずこに?

昨日、身内バンド"でたん”のライブを渋谷のアピアへ見に行った。

この日はいつにない盛況ぶりで、
(毒舌では無い。本人達がそんなことを言っていた..気がする。)
子供から大人まで、同窓会的空気も漂わせつつ”でたん”の登場を、
今か今かと”でたん”のメンバー共々(???)待っていたりした。

で、音楽の話はさておき。。。。。。
いきなり"トークの話"でメンバー及び、
日本全国一千万の"でたん"ファンの皆様には申し訳ないのだが、
でたん二人のゆる~い掛け合い漫才的MCはこの日も絶好調。
揚げ足を取らせたら、日本一、いや世界一のdetan@kanother氏が
detan@kono氏のイノセンスなボケ発言を拾う拾う。
この日のキーワードは”ぐらい”。
と言っても来場されていない方には何がなんだか分らないかと思われるが、
とにかく、”ぐらい”でドカンドカン(はちょっと言いすぎか...)
もとい、トカントカンと笑いをとっていく二人のMCは、
なかなかに気持ちよく、"癖になりそう"なのであった。

DETAN1
(kanother氏(右)突っ込み中)

さて、肝心のミュージックは、
約30分間のパフォーマンス中、
ダレルところなくテンポよく進むところは、
今年8月で8周年を迎えるという歳月のたまものか、
緩急のつけかたも自家薬婁中ものとし、
見るほうを楽しませてくれる。

そして、この日の秀逸は我が身も初めて聴く、
detan@kono氏の『田無タワー』
最近引越したばかりの我が身のハートにもど~んと迫りくる、
おそらく氏にとって初めとなるタイプの熱唱歌。
"何故にこの歌が心打つのか?"と、問う事無かれ。
知りたければ次回8月に予定されている、
8周年記念"でたん"ライブを観戦するべし!するべし!するべし!

DETAN2
(kono氏(左)熱唱中...の良い写真が無かったのでとりあえずこれで...)

FC2Ad