平成永世まんだら  

日々のつぼ

お前捨てられんのか!? PRIDE廃棄塾!! その六 姿見の怪

昨日、新居では必要の無い玄関にあった姿見を、
身内の元へと業者に依頼し発送。

これがなんだか寂しい。
玄関に行くたび人一人足りない感じがする。

姿見に映る自分らしき影はそこにはなく、
ただ白い壁があるのみ。

これは食器棚や衣装棚が無くなったのとは、
また異質の喪失感。

しかし、時に壁の表面に浮き上がるわが身の残像...

今頃業者のトラックの中で眠る姿見。

そこには何百、何千の我が身とかみさんの影が、
ひっそりと身をひそめて......。

ゾゾゾゾゾゾ~~~~~~っ!!
(オカルトかよ...)
スポンサーサイト

お前捨てられんのか!? PRIDE廃棄塾!! その五 レコード編

もういいよという声が聞こえてきそうですが、
暫く音楽とこれが生活の柱になりますので、ご勘弁を。

昨日は結局結婚後..というか、
大分前にレコードプレーヤーが壊れてから一度も聞く事が無かったレコード達を、
某中古レコードショップに送りました。

現在の住処に越して来る時、
大半は売ったり捨ててしまって、
貴重な盤、思い入れのある盤のみ150枚ほど取っておいたのですが、
もういいかなぁ。。。という感じで、
そのままになっていた段ボールを開けました。

一枚一枚見ていくと、古くは中坊時代に買ったジェフ・ベックの"ライブワイアード"、
高校時代に初めて買ったジャズ・レコード、ジム・ホールの"アンダーカレント"、
(我ながら渋い高校生だ..)
東京に出てきて中古屋に通い集めたジャズ・レコード群、
ジャズから離れた後はブラック・ロックにファンク、ソウル...
もう一度聞きたいなぁと思わせるものも数知れず...
実際、CDに切り替わった当初は、
その色気の無いデジタル音にがっかりし、
結局レコードばかり聴いていました。
(レコードの芯のある音というのは、
毛穴に潜り込んでくるような感じがしましたね。
音から受ける快感値が高い!)

そんなレコード達ともお別れ。

当たり前のようにしていたレコード針と盤の埃をとって、
ターンテーブルに乗せ、A面B面をひっくり返して聞く作業...
何の苦にもならなかったはずですが、
そんな事も出来ない"デジタルな体”になってしまったんしょうか....。
JIM
(ジム・ホール/アンダーカレント。大名盤の一つ。ジャケットも音楽も凄みのある美しさです。)

お前捨てられんのか!? PRIDE廃棄塾!! その四 CD編

案の定、CDは一枚も処分出来ず、
本日ダンボール箱へ詰め込まれました。

まあ結婚する時にかなり売っぱらったし...。
それからはかなり厳選して購入するようにもなったし...

といってもかなりの量。

米国英国物が半数を占めるのですが、
南米、アフリカ、東南アジア、中東、東アジアなどの非西欧圏の音楽もかなりの枚数。

一時むさぼるようにして非西欧圏の音楽を聞いて、
自分の中に取り込もうとした時期がありました。

その頃組んでいたバンドのセッションは、
と~っても密度が濃かったのです。
皆がそういった音楽をむさぼるように聴いていて、
そこから新しいリズムやアイデアを持ち寄り、
毎週スタジオにこもってああでもないこうでもないと、
新しい音を模索していたものです。
ただ残念なのはそのバンドではライブが出来なかった事...。

ぼく自身はその時学んだ音楽語法を生かして、
オリジナルを作りバンドを結成。
なかなかに精力的な活動を行ってたんですよ。

色んなブツの箱詰めは、
そんな思い出までもついでに運んできてくれて、
ちょっと楽しいのでありました。

現在BGMは、そんなCDの中から抜き出した一枚、
テックスメックス界の異端児、
(料理でおなじみテックスメックスは、
テキサス・メキシコの略。まさにMixture Musicであります。) 
アコーディオン界のジミヘン、
スティーブ・ジョーダン!(ドラマーの彼とは別人。)
そういえば10数年前この人のライブを見にいきました。
今聞いてもいなたくて最高!
(知ってる人...居ないだろうなぁ..)

STEVE
(怪しさ200%!)

"道具っ子悲話” お前捨てられんのか!? PRIDE廃棄塾!! 番外編 

オラとおっかぁが5、6年前に村の道具屋で買った、
”いしょうだな”や”しょっきだな”に”いろつきばこ”...
数えたら10ばかりあった道具っ子達を、
昨日、町の再生屋に引き取ってもらっただ。

前の晩になぁ、今度は立派なお屋敷に引き取ってもらえるよう、
心をこめて磨いてやっただ。
そしたらなんだか名残惜しくてなぁ....。
オラは昼間のウタ仕事で体は疲れとったけど、
最後だと思って綺麗にしてやっただ。

そして昨日、再生屋の若い衆が来て、
まずはオラ達のかわいい道具っ子達に値をつけたんじゃが、
これが安くてのぉ....涙も出んくらいじゃった。
でもよく考えてみれば、再生屋でなくて、
廃棄屋に引き渡せねばならんとしたら、
値がつくどころか、オラが金さ払わねばならんわけで、
幾らかマシなわけじゃ。

ああ...いかん浅ましいことを言ってしまっただ。
オラぁ道具っ子達がどこかのお屋敷でまた可愛がってもらえれば、
それでええんじゃ。

その夜....
近くの牛っ子さ食べさせてくれる店で、晩飯を食っただ。
これがうまかったぁ....。
特に牛っ子の尾っぽ汁がたまらん味でなぁ...、
オラ全部飲みきってしまっただ。

そのお代はどうしたって?

そう、オラたちの可愛い道具っ子さ売った金だ。
これからは道具っ子のほうに足向けて寝られんだ...。

.....

道具っ子が何処のお屋敷に売られていくか分らんのに、
どうやって足の向きさ変えられるだ......


oppo
(涙の尾っぽ汁じゃ。)

お前捨てられんのか!? PRIDE廃棄塾!! その弐

捨てる捨てない捨てる捨てない....
捨てられる捨てられない....

引越しを控えた我が家では、
前回の"本"のみならず、
こんな会話が毎日のように繰り返されているわけであります。

其の中でも文字通り最大級のものが家具類で、
これはやっかいですねぇ...。
勿論新居に全部持っていければいいんですが、
現在のマンションのサイズに合わせて購入した幾つかの家具は、
残念ながらリサイクルショップ行きとなりそうです。
(引き取ってくれるかなぁ...)

しかしだねぇ、食器棚の高さが数センチ高くて新居に入らないっちゅうのはどういうことやねん!!
そんなもん家具業界と住宅業界で話し合って、
全部規格あわせっちゅうの!

と、思わず言いたくなってしまう事もしばしば、
あ~もったいない、もったいない。

ここで、未婚の皆さん限定でアドバイス。
新婚生活をちょっと広めの賃貸マンションから始められる場合、
それに合わせて大きな家具を購入するのはやめておきましょう。
必ずや後悔する日が来る....とは限らないか....。
そう、沢山稼いで、もしくは稼いでもらって、
更に更にBIGな住まいに引越して下さい。

お前捨てられんのか!? PRIDE廃棄塾!!

(タイトルのニュアンス、分る人だけ分って下さい。ちょっと古いけど..。)

このブログを書いているPCの周りに増殖しつつあるダンボール箱達。
我が家では4月の引越しを前に梱包作業が始まりました。

ちょいとばかし気が早いだろうと思われるかもしれませんが、
まずはファーストステージ、"本”の整理であります。

我が家は夫婦そろって、"本”を大量に保有しておりまして、
このままだと新居の生活スペースをかなり圧迫する事が予想されるため、
出来るだけ古本屋に持っていこうと仕分け作業をしているのです。

しかしながら、この捨てる捨てないの基準が難しく、
結局"越してから考えよう"とか、
"もう一度読んでから考えよう"といった、
決断回避の体たらくに陥ってしまうことしばしばで、
まったくなんともどうしたものやら.....。

大体"漫画は全部捨てるぞ!”と鼻息荒く始めたものの、
手塚治虫の作品群
白土三平の"カムイ伝"全巻及び外伝とか....
手放せるはずもなく、
それでも”空手バカ一代”全巻
"月下の棋士”全巻等々は、
泣く泣く中身を見ないようにして古本屋行きBOXに詰めています。

そんでもって活字書籍類の山でありますが、

二度と読まないかもしれないけど、
いつか読みたい(どっちだよ!)...とか、

二度と読まないかもしれないけど、
"これはねぇ、オレの青春なんだよねぇ"的書籍群などもありまして、

当然そのあたりは新居行きBOXに詰め込まれてしまうわけです。


来るべきセカンドステージは大量の”CD詰め”でありますが、
これはねぇ....更にねぇ....捨てらんねぇ.....。

駄目だこりゃ....。

東京で見る雪はこれが最後~では無いよね.....

結局東京は雪の無い冬になったしまったようで、
なんだかとても残念です。

ほとんど、春の陽気だった今年の冬。
なんだかつまらなかったと思いませんか?

体感する気温の変化で旅心湧くぼくとしては、
なんというかイマジネーションをかきたてられない冬だったのです。

12月の北京や、2月の韓国、雪の高山等々、
身を切るような寒さと共に、
脳裏に再び浮かび上がってくる風景。

東京に居ながらにして、
それらを呼び起こすには、
暖かすぎた"冬のような気がする数ヶ月”でした。
(思い出すのは昨年の春の房総の旅だけ。
ブログ内検索で房総と入力してみて下さい。)

まあ、四の五の言ってないで、
旅行に行けばいいじゃないかという声も聞こえそうですが、
そうもいかない時もあるのです。

そんなささやかな楽しみまで奪ってしまう地球温暖化。
ささやかではあっても"心の中のお遊び”という事を考えると、
とってもヤバイ感じがするのであります。

FC2Ad