平成永世まんだら  

日々のつぼ

我が『東京人生』を振り返る

芸術の秋シリーズ第二弾!
先週の大竹伸朗に引き続き、
今週はあの天才アラーキー『東京人生』を見に行ってきました。

場所は両国はあの大江戸博物館
ぼくの"東京の好きな場所ベスト10!”上位に常にランクインしているあそこです。

今回の個展は1940年に三ノ輪で生まれ育ったアラーキーが、
40年にわたって撮り続けてきた東京の写真を年代ごとに並べたもの。

アラーキーの写真はとにかくどれも面白い。
パワーがあって哀しい。
生活や性活(大人限定)が生の形で息づいている一枚一枚に、
ぼくは時に釘付けになります。

一番古いもので1963年、
一番新しいもので2006年。
その間の東京の顔、街、男、女、少女、男の子、老人、猫、看板and etc.
ぼくのこれまでの生きて来た過去とほぼリンクするその時間帯。
ぼくが知っている東京はその半分に過ぎないのですが、
何故か全てがとても懐かしく身近に感じられます。
ぼくが生まれる前に撮られた、下街の洟を垂らした子供達。
”この子達って、今50歳くらいだろうな...
というと誰さんとか誰さんみたいな感じかぁ....”
と、そんな事を考えながらどこかで"自分自身の現在、過去”
とリンクさせながらいちいち見ているのです。
(または見せられている。)

現在東京もしくは東京近郊在住にお住まいの皆さん。
天才アラーキーの『東京人生』で、
皆さんの”東京人生”を振り返ってみるのもいいかもしれません。

ただノスタルジーだけを求めて行かれるとちょっと火傷しますので、
ご注意を。(時に毒盛りゆえ)
スポンサーサイト

瀬戸内に何故こんな惹かれるのだろう?

秋旅の季節がやってきた。

昨年は尾道....
良かったなぁ....
瀬戸内海の島々を渡ってみたいなぁ....
なんつうか、日本人の原風景っつうの...その一つだよなぁ..
また行きたいなぁ....

setouchi
(尾道の夕暮れ)

という事で、小豆島に白羽の矢が刺さった!!
今回は残念ながら日程予算の関係で一泊二日。
まあいいかと、旅程を組んでみた......。

まずは羽田からJALで高松空港、
そこからバスで高松港、
そこからフェリーで小豆島へ昼ごろ着。

まあこれは良いのだが....、

翌日は、昼を食べ少し休憩してフェリーに乗らなければ、
JALの最終便に間に合わないという....。

これではあまりにも慌しい....と残念ながら今回は断念。
もう一日あればねぇ.....。

というわけで、今回は箱根である。
旅というより旅行である....
が、それはそれで楽しみである。

今年は暖かくて紅葉が遅れているという。
11月中旬、箱根は紅葉ど真ん中であろう。

瀬戸内の海面に反射する陽の光を胸にしまいつつ、
箱根でゆっくり湯につかる日を指折り数えるのであった。

宇和島在住の兄貴に痺れる

uwajima

この週末、愛媛県の宇和島に行ったわけではありません。

ここは半蔵門線は清澄白河駅から徒歩10分のところにある、
東京都現代美術館であります。

kiyosumi
(清澄白河とチンドン。本編と関係無し。)

現在ここで行われているのは、宇和島在住の大竹伸朗氏の展覧会、

大竹伸朗 全景
RETROSPECTIVE 1955-2006


otake


何が凄いってあなた、その作品量。。。。。
大竹氏の少年時代~現在にいたる作品3万点の中から2000点が展示されているのでありまして、
次第に見るほうはその作品群と格闘しているような感じになってきます。

時期により、様々に変遷していくスタイル、
どの作品にも溢れる作者のエネルギー、
そして"ギリギリのロック魂”。
(これは説明不可。見て感じるしかない。)

氏のエッセイをひもとくと、
とにかく今日は何を書こう?作ろう?
という朝が連続しているそうです。
途切れないイメージ、アイデア....

なんと羨ましいことか....。

齢50を越えて未だ衰えぬ想像力と創造力。

これも才能の違い...と諦めてしまうのではなく、
自らの生活態度をちょいとばかし見直したほうが良いのでは?
と、"カッコイイ兄貴”にアドヴァイスを貰ったような気分です。

12月24日までやっています。

物作りしてる皆さん、
表現に携わる皆さん、
ロッカーの皆さん、
旅人の皆さん、
旅に出れない旅人の皆さん、

お勧めです。

晩御飯は錦糸町の、
おなじみ『ヤマダ モンゴル』
でジンギスカン。
やっぱり美味かった!!

yamada
(しめの麺がまたいい。それにしても鍋の郷愁..。)

人生初、オレ座って歌う!~永世演唱会『REVENGE』

"秋のイベント・ライブシリーズ2006”の最終章、
永世演唱会『REVENGE』が去る10月17日(火)に、
吉祥寺スターパインズカフェで行われました...って言うか行いました。

まずはお越し頂いた皆様、
本当にありがとうございました!!

REVENGE1

今回は久しぶりの一人ライブ、
加えて我が人生初の"座って歌うライブ”、
その他色々あったり無かったりして(なんだそれ?)
本番前は腹具合も悪くなるほどの状態でしたが、(毎回ですが..)
まあなんとか歌いきることが出来ました。
(ちょっと喋りすぎましたけど...。毎曲ごとは無いよね...普通。)

座って歌う事に関しては巷では色々意見があるようで...
例えば...
①ちょっと内股になるのが気になる。

②やけに可愛く見える。(小さく見えると言え、小さいと!)

③いやいや、おじさんなんだから可愛いくらいで丁度いい!
(同年代の方の意見)

演る側としては楽器が弾き易く歌いやすいというのはありましたが、
"精神的にロッカー”(?)な僕としては、
常に立って演奏したいという想いもあってちょっと複雑 ウフッ(女学生風で宜しく....。)

ちなみに今回初使用のmy マイク、
"SHURE BETA 58”は最初は声を拾われ過ぎて戸惑うものの、
慣れると快感、色々と試したくなってしまうスグレ物でした。
弾き語りだとこれくらい感度の高いのもが良いようです。

では皆様またのお越しをお待ちしております!!

REVENGE2

”秋のイベント・ライブシリーズ2006”?最終章

明日ライブです!!
PM7:30とちょいと時間が早いですが、
皆様お仕事をちゃちゃっと片付けて、
いらして下さい!
新曲あり!5年ぶりにやる曲あり!
1コーラス増えた曲あり!
新しい事、そこそこ盛りだくさん(?)で、
お送りします!

お誘いあわせの上でも良し、
お一人でも良し、お越し下さい!

永世演唱会 in 詩宵月(スタパンのイベント名です。)
『REVENGE』こちらでチラシをどうぞ

10月17日(火)
スターパインズカフェ
開場18:30 開演19:00
出演4組中2番目
19:30ごろ永世開始
前売り2,300 当日2,600

前売り券を19:00~19:30ごろまで、
お店入り口階段付近で販売しています。

”秋のイベント・ライブシリーズ2006”(????)

”秋のイベント・ライブシリーズ2006”(????)が昨日で、
3分の2終了しました。
これは17日の演唱会で完結することになっております。

ということで、この土日はあちこちで歌い振り舞い踊り(?)、
本日ふくらはぎやら何やらが筋肉痛でございます。

昨日におきましては兼ねてからこのブログでお伝えしていた、
某リフラ・プラス初の、全体コンサート、
和洋のロック・ポップス・R&B・ゴスペル取り混ぜて、
50曲の演奏が繰り広げられるという中々に凄まじいイベントでした。

その中で、トリ前を努めた我がゴスペルクラスの皆さん。
前日もメンバーの結婚式2次会で歌ったりと、
盛りだくさんの週末でお疲れ様でした。
少人数ですが、土日ともに熱くパワフルな歌で場内を盛り上げてくれました。
この調子でクリスマスコンサートまで突っ走りましょう!

そいでもって、”永世和洋のロックを歌う”では.....
いやいやこれは間違い!あくまでも楽器の生徒さんのヘルプです!!
細かいことはさておき、
どれも生徒さんの熱心さが伝わって、楽しく歌わせて頂きました。
色々書きたいネタもありますが、
これは場内に居た皆さんだけのものということで...。

全てはご主人様の手の中で....

2003年に17歳でボクシング丸井ジムの門を叩いて幾年月。
最初の頃は勝手が分らずジムを倒産に追い込んでしまった事もありました。

しかしそんな失敗を繰り替えすうちにプロテストに合格し、
4回戦、6回戦~10回戦と順調に進み、
JBC(日本ボクシングコミッション)のランキング10位にランクされる事もありました。
残念だったのは新人王戦などのトーナメント。
いつも一戦目は勝てるのですが.....、
それ以降対戦する相手とは明らかな実力差があり、
悔し涙を流す事が多かったです。

未だに苦労しているのはウェイトコントロール。
私はスーパーバンタム級。
食べ物とトレーニングのバランスを常に考えながら日々を送っているわけですが、
時に計量に失敗して重いグローブの着用を科せられるなど、
試合でハンディを負わされる事もしばしばです。
まさにこれは自分との戦いであります。

さて、今私はタイにいます。
丸井ジム館長以下、他のジム生と共に2年間こちらで戦っていく予定です。
こちらで大変なのはやはり食べ物です。
見たことも聞いたこともないものばかりで、
どうトレーニングと組み合わせたら良いかわかりません。
(タガメやコオロギまで食べています。)
トレーナーとよく相談してやっていかないと、
必要な筋肉が落ちてしまうようで不安です。
とにかくこの2年間で力をつけて帰国したいと思います。

ちなみに私のこの世界、ボクサーとしての営みは、
ご主人様の手の中、電車移動中、ちょっとした気晴らし....
そんな中で繰り広げられています。
boxer

道玄坂や新宿で頭痛に殺られる

皆様におかれましては、
この3連休はどのよにすごされましたでしょうか?
私におきましては、もういっちょ休みが加わり4連休となって....
はおりませんで、(今日はお休みです。)
中々にハードな3日間でありました。
今日はもうなにもやりたくありません!という感じです。
(何故威張るかなぁ...)

まあ何がそんなに大変だったかというと、
土曜は自分のライブの準備。
歌詞の推敲であるとか....(まだ一部出来てない..トホホ)
歌の練習であるとか....

日曜は講師の講師の講師くらい素晴らしいA先生の還暦パーティに行って来ました。
場所はあの渋谷duo mixchange!
A先生の貴重な弾き語りあり、ゴスペル大合唱あり、
講師陣によるバンド演奏セッションありと盛りだくさんな内容。
楽しいなかに感動が溢れる素晴らしいパーティーでした。

ところが.....

何がいけなかったのかビールをコップ2、3杯飲んだところで、
得意の頭痛が始まり....。
残念ながら2次会は断念。
(きっとセッションで盛り上がったんだろうな...)

そいでもって昨日は来週にせまったリフラプラスのライブリハ。
これは文字通り朝から晩までだったのですが、
今回はゴスペルや立会いだけでなく、以前お知らせした通り、
布袋とかバンプとか○○クス ピストルズを生徒さんのヘルプで歌うことになっているため、
かなりハードな一日でした。

しかも.....

朝一番、10時20分から始まった布袋のリハ中、
頭痛がぶりかえしてしまったのです。
しかもペインレベル4.5くらいのキツ~いやつ。
仕方なく、お店に部屋を空けてもらって、
2時間ほど死なせてもらい、マッサージやアロマ(だと思う)を勉強している、
同期のVocal講師、Wちゃんにツボをついてもらいなんとか復帰しました。
(Wちゃん、ほんとうにありがとうございました!)


Wちゃんによれば、
気づかないうちに溜め込んでいるものが出るとの事。
神経がまったく休んでいないのでは?との事。

自分ではそんなつもりはなく、
かなりダラダラ生きているつもりなのですが....

少し暇になったら更に更に、
ダラダラしてやる...(この妙な気合がいかんのかなぁ......。)

平成永世まんだら雑記

今日は風邪をひいたわけでもないのですが、
疲れがたまっていたせいか、
ほとんど何も出来ず寝てました。

(晩御飯は作りましたよ。和風ポトフ。
最初に豚バラの塊と大蒜、しょうがでスープを作るのがミソ。
これは中々美味でした。
詳細はここ。)

そんなぎちぎちのスケジュールで生きている(?)わけではないのですが、
ライブが近くなったり、イベント準備が重なったりすると、
どこか無理してるんですね....。

実は喉も酷使気味だったので、
一昨日あたりから調子が悪く、
前回ライブキャンセルの悪夢が蘇りそうになったのですが、
今日一日で回復したようです。

密かに、夜中にやってる”○4”をついつい遅くまで見てしまったのも効いてるかも...。
実は初めて見ました。
遅ればせながら面白いねぇ。
シナリオを書いてる人は凄いねぇ...。
役者も皆素晴らしいんだけど、
やはりキーファー・サザーランドがいいねぇ。
キーファーは『フラッシュ・バック』というデニス・ホッパーと共演した映画があるんだけど、
これは隠れた傑作。
ジャンルわけするなら、コメディーで誰が見ても面白い作品ですが、
特に60年代のフラワームーブメントに興味のある方は必見。
絶対に泣けます。文字通り。
(日本版dvdは出ていないようです。)

ああ、今日はほんととりとめの無い展開になってきたので、この辺で。
あと1時間後に"○4”も始まるし..。

チェロではありません

次回ライブ『REVENGE』が近づいてきました。
で、昨日は練習日でありました。

バンド時代も弾き語りになってからも、
金に糸目をつけず!!音楽スタジオを借りていましたが、
ここ数年は家から徒歩5分、
カラオケ"ゆうゆう”にギターを持ち込み、
時間100円!!
で練習をしていました。

しか~し、そんな低料金がまずかったのか、
半年ほど前に"ゆうゆう"はつぶれてしまい、
最近はまたスタジオを利用しております。

昨日使用したのは隣駅綾瀬にあるスタジオ。

で、家から練習に行こうとギターを担いだところ、
これがすこぶる重い。

ほんとしゃれにならないくらい。

まあギター以外に録音機材であるとか小物であるとかを、
すべてギターケースにつっこんである為こういう事になるのですが、
なんだか日に日に重くなっていく気がします...。

エレアコなのに、石か鉛が入ってるような感じ....。
知らない間に、ケース内部に縫いこまれてたりして...。

このケース、中のギターを保護するために、
ケース自体が防弾チョッキのようになっていて厚みがあり、
見た目もかなりでかいのです。
(以前、チェロ弾きと間違われたことがある。)

仕方なく駅まで10分ほどの道のりをバス使用という事にあいなりました。
そういわけで、ライブ前に羽毛布団のようにかる~くて丈夫なやつを購入したいと思っています。

FC2Ad